ファンタジーの世界を描く —アンデッド編—

DRAWING & PAINTING THE UNDEAD

  • 著者:Keith Thompson
  • 定価:本体3,800円 + 税
  • 発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
  • ISBN:978-4-86246-067-7
  • 総ページ数:128ページ
  • サイズ:A4版、フルカラー

発売日:2008年09月上旬

製品の購入はこちら

  • Born Digital Store
  • Born Digital Store

※書店でお買い求めの際には、予め在庫をご確認ください。≫取扱い店舗
※PDF書籍に関しては書店販売を行っておりません。

グラフィックノベル、コンピュータゲーム、アニメーションに登場する恐怖のキャラクターを創造しよう。本書には、著者が描いた恐ろしいクリーチャーの数々が収録されています。これを参考にして、身の毛もよだつ亡霊や、よみがえったゾンビを描いてみましょう。それぞれのイラストには、詳しい解説、構造スケッチ、ディテールのクローズアップ、特別なテクニックの説明があります。また、完成作品を再現するための制作工程が順を追って示されています。

  • 戦慄のキャラクターを作成するために必要なあらゆるテクニックを網羅
  • あっと驚くようなキャラクターのヒントを得る方法を紹介
  • 身体構造を描画する方法、歪める方法を学習
  • 腐敗の進行を表現する方法、朽ちた体をリアルに描く方法を学習
  • キャラクターに独特な気味の悪さを与える方法を学習

【対象読者】
ファンタジーアートに興味のある方、
ファンタジーアートを現在、描いており、3DCGで作成してみたい方

◆絶賛発売中 【ファンタジーの世界を描く】シリーズ
『 人物編 』 – 幻想的なキャラクター、動物、別世界の風景の描き方
『 景観編 』 – 神話の都市・惑星・失われた世界を創造
『 幻獣編 』 – 民話や伝説に登場する空想上の幻獣を描く

はじめに

アンデットアート集

インスピレーション

アナログ作画

デジタル作画

スケッチブックを持ち歩く

基本要素

  • 解剖学的な描写
  • 腐敗の進行
  • キャラクターのポーズ
  • 肉付け
  • 雰囲気作り
  • 想像力を刺激する場面設定
  • 洗練されたディテール
  • アーティストの制作現場

半死半生の怪物

  • 喰人鬼
  • マナナンガル
  • 食屍鬼
  • リッチ
  • 不死の鞭打苦行者
  • キョンシー
  • ウェンディゴ
  • 人造人間
  • ネクロマンサー
  • ブラックシャック

歩く屍

  • 感染ゾンビ
  • ミイラ
  • プリピャチの怪獣
  • レブナント
  • 骸骨戦士
  • つぎはぎの吟遊詩人
  • 地下墓地
  • ドラウグ
  • 機甲化ゾンビ兵
  • コロッサス・ゾンビ

霊的存在

  • ヴァンパイア
  • リリン
  • ヴェーターラ
  • コレクト
  • ヤクシニー
  • アポロの霊
  • カロン
  • 妖怪
  • レイス
  • キヴァタテオ
  • サラセン人の亡霊

索引

クレジット

Keith Thompson の斬新なファンタジー/サイエンスフィクションのイラストは、世界中の本や雑誌に登場しています。他の著書に『50 Robots to Draw and Paint』、『50 Fantasy Vehicles to Draw and Paint』があり、どちらも北アメリカでBarron’s社から出版されています。現在、カナダのオタワ市在住。

製品の購入はこちら

  • Born Digital Store
  • Born Digital Store

※書店でお買い求めの際には、予め在庫をご確認ください。≫取扱い店舗
※PDF書籍に関しては書店販売を行っておりません。