Products 製品情報

トップページ製品情報ZBrush

ZBrush [Pixologic]

ZBrush

製品概要

ZBrushは3D業界に革命をもたらした、強力な機能と直観的ワーク・フローを備えた、デジタル・スカラプティング、ペインティングールです。

ZBrush を使用することで、まったく手を汚すことなく粘土に非常に近い感覚でスカルプト(彫塑)ができます。何百万ものポリゴンを扱う事が可能で、通常の3Dモデリングでは表現の難しい皺やクロスなどの繊細な質感も簡単に作成能です。

ZBrush は映画、VFX、ゲーム、イラストレーション、広告、デジタル造形、自動車、ジュエリーデザインなど様々な分野で使用されています。

main

 

  • お問い合わせ
  • 製品の購入

ZMODELER

キャプチャZBrush 4R7は新たにZModelerブラシが追加されました。
このスマートなポリゴン・モデリングシステムは、作成プロセスをより単純化できるように設計されています。ポリゴンの結合、ジオメトリーの一部分のみの削除、アドバンスドパスに沿ったパーツの接続、1クリックでの行った編集のリピートなど、今までに無いくらい簡単に、素早く、ダイナミックにモデリングすることが可能になりました。

Zmoderにより、ZBrushは飛躍的進歩を遂げ、有機物のモデリングのみではなく、ハードサーフェースモデルや建築、ハイディテールの背景など、リアルタイムに形を作ることが可能になりました。

キャプチャ2

 

インスタンスとディテール

キャプチャ4新機能のNanoMeshとArrayMesh機能により、アーティストはより複雑なディテールを少ないポリゴン数で表現が可能になりました。NanoMeshおよびArrayMeshは共にどんなオブジェクトでもマルチインスタンスとして保持し、オリジナルオブジェクトを変更することで、すべてのオブジェクトに瞬時に修正を加えることが可能です。

 

 

複雑なディテールのレンダリング

4ZBrush 4R7のBPR(ベストプレビューレンダー)はメッシュをプロシージャルに作られたノイズのアトリビュートに沿う形に変換し、全てのSurface Noiseをディプレイスメントとしてレンダリングすることが可能になりました。これによりディプレイスメントマップを別途制作する必要はありません。ポリゴン数に関係なく驚くほどのディテールをレンダリング時に得ることができます。

 

 

ZBRUSH TO KEYSHOT

5“ZBrush to Keyshot Bridge”(※1)は、ハイパーリアルで高品質なレンダラー、 KeyShot 5 とZBrushをシームレスに繋ぎます。Keyshotを持っていない方や、価格的に手が届かないと思っている方にはZBrushのための特別版Keyshotをご購入いただけます。

“KeyShot to ZBrush Bridge”はBest Preview Render (BPR)ボタンを変更して、Keyshotへ1クリックでデータ転送を可能にします。データ転送はマテリアル、ディプレイスメント、プロシージャルノイズ、ポリペイント、テクスチャ、新機能のNanoMeshおよびArrayMeshにいたるまで、関連するすべての情報を自動的に転送します。ZBrushで表示できる物はKeyShotでレンダリング可能です。

 

その他の新機能

764-Bit サポート
想像力の限界をZBrush 4R7 プレビュー版により押しあげます。ZBrushはすべてのメモリとプロセッサーパワーを使用が可能になり、より複雑なモデルを高速に処理できるようになりました。

 

 

8ZRemesher 2.0
ZRemsher2.0程アーティストフレンドリーなリポトロジーツールはありません。1クリックで有機的なトポロジーでもハードサーフェースなトポロジーでも破綻なく自動生成が可能です。もし1クリックで自動生成されたトポロジーが意図にそぐわない場合でもポリゴンの流れを判別する補助的なカーブを追加することで、アーティストがトポロジーをコントロールすることも可能です。

 

fxbFBXフォーマットの読み書き

ZBrushはよりパイプラインに組み込み易くするため、FBX読み書きプラグインを搭載しました。
FBXはテクスチャ、ノーマル、ディプレシメントマップ、ブレンドシェイプ、ノーマルに基づいたスムージングなど、様々な情報をサポートしています。

既存のZBrushライセンスをお持ちの方はZBrush 4R7へ無償でアップグレードできます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※フローティングライセンスは2月の中旬リリースとなります。現時点ではスタンドアロンのみの提供となります。
※ZBrush4R7は無償アップグレードとなります。

Step 1: ZBrush (ZBrush 4, 4R2 または 4R2b)をディアクティベートします。

ZBrushを起動し、ディアクティベーションするためにZplugin >> Deactivation >> Web Deactivationボタンをクリックします。4R3以上からのアップグレードの場合、その作業は必要ありません。

*注意:マシンがインターネットに接続していない場合、Zplugin >> Deactivation >> Manual Deactivation を選択する必要がございます。与えられたコードを保存しておいて下さい。4R7のアクティベーション用チケットを取得する際にこのコート度をサポートに伝える必要があります。

ステップ2:4R7バージョンをダウンロードインストールします。

ZBrush 4 シリーズの全てのリリースを持っている場合、 ZBrushの4R7スタンドアロンインストーラにアクセスするには、ライセンスのシリアル番号と登録したメールアドレスが必要です。

ダウンロードリンクを取得するためにフォームに必要事項を記入します。

下記サイトのダウンロードリンクよりダウンロードリンクを生成してダウンロードを行って下さい。
https://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/instructions/full-installer.php

ダウンロードリンクが生成できない場合は、弊社より別途ダウンロードサイトをご用意しております。
(現時点ではWinのみ)
support@borndigital.co.jpまでご連絡頂ければ幸いです。
※対応可能なのは弊社よりご購入頂いたお客様のみとなります。

ダウンロードしたら、インストーラ(Windowsの場合).EXEまたは(Mac用).DMGを起動します。そこから、インストールを完了し、画面の指示に従います。

現在、ZBrushの3.5以下を使用している場合:弊社サポートまでご連絡ください。

ステップ3:アクティベーション

インストールが完了したら、ZBrushを4R7を起動します。
コンピュータがインターネットに接続されている場合は、すぐにアクティベーションコードを受け取るためにウェブアクティベーションを行うことが可能です。簡単に使用できるように、シリアルナンバーは上記に提供されています。Webページ上のフォームを提出した後、「ZBrush has already been activated on this machine.(ZBrushのはすでにこのマシンで起動されている。)」というメッセージが表示されます。「Request a New Activation Code(新しいアクティベーションコードを要求する)」ボタンをクリックしてください。コピーして、アクティベーションを完了するためにZBrush4R7にそのコードを貼り付けます。

お使いのコンピュータがインターネットにアクセスできない場合は、代わりにPhone Activationを要求する必要があります。 End User License Agreementの後に、リクエストコードと電話番号の画面に移動します。表示されたリクエストコードとシリアル番号及び登録したメールアドレスを弊社までお送り下さい。
※対応可能なのは弊社よりご購入頂いたお客様のみとなります。

Happy ZBrushing!

これでアップグレードは完了です。ZBrushを楽しんで下さい。

ZBrush 4R7新機能に関する紹介サイト(英語)はこちら>>

64Bit版に関して

ZBrush4R7の公式リリースは、32ビットアプリケーションです。Pixologicはまた、開発者プレビューとして64ビットビルドを提供しています。この64ビットアプリケーションはテストを行い、完璧に動作するはずですが、64ビットの変換は、コアプログラミングの主要なオーバーホールであるため、公式の64ビットサポートは、ZBrush5のリリースまで使用できません。4R7はZBrushの最終的な32ビットのリリースとなります。

ZBrush to KeyShot Bridge (ZBridge)及び KeyShot for ZBrushに関して

このプラグインは弊社では現在販売できません。
Pixologicサイトより直接ご購入頂く必要がございます。

The ZBrush to KeyShot Bridge plugin is required to connect ZBrush 4R7 with KeyShot 5 (any version).

http://pixologic.com/video/video-v2.php?videoname=https://zclassroom.s3.amazonaws.com/homeroom/lessons/videos/zmodeler/zmodeler-intro.f4v

ZMODELER

ZBrush 4用のプラグインがダウンロードできます。

■ ZBrush 4用プラグインに関してはこちらのDownload Centerをご覧ください。

ZBrush 4 Windows
OS:Windows Vista/Windows 7/Windows 8 32-bit/64-bit
CPU: Pentium D以上もしくはAMD Athlon 64 X2 以上のIntel互換CPU
メモリー:2GB以上(数億ポリゴンを扱う場合は6GB推奨)
モニター:1280×1024以上
HDD: 16GB以上の空き容量
ワコムペンタブレットもしくは同等製品

ZBrush 4 Mac OS X
OS:Mac OS X 10.7以上
CPU:Intel Macintosh
メモリー:2GB以上(数億ポリゴンを扱う場合は6GB推奨)
モニター:1280×1024以上
HDD: 16GB以上の空き容量
ワコムペンタブレットもしくは同等製品

ZBrush4 R6は、あなたの創造性と生産性を向上する新しい機能の豊かなツールセットへのアクセスを与えることによって、ZBrushの機能を改善し、強化するために進化しています。新しいZRemesherはさらに進化し、オートでユーザガイドトポロジを与えるために完全な再構築リトポロジーシステムを提供します。オーガニックとハードサーフェース両方のスカルプトワークフローを改善するための新たなブラシや機能も追加されています。 この最新リリースで追加されたも新機能は以下をご確認下さい:

ZRemesher – ZBrushの自動的なリトポロジツールの発展はこのプロセスを新しい全体のレベルにもたらします。これは非常に自然なポリゴンの流れを生成するために、メッシュの曲率を分析します。けれでも、大幅に短い時間でこれらのより良い結果を達成しています。もちろん、より多くの制御をしたいときには、このような部分的な密度管理や曲線の流れの向きなどの機能が用意されています。さらに、ZRemesherの新しい革新的な機能は、既存のモデルで溶接部分やすべての境界の頂点を維持しながら、メッシュの特定の部分へのローカルリトポロジーを実行する能力です。

Trim Curves Brushs – これらの新しいブラシは現在のクリップ・ブラシのように作動します。しかし、ストロークを描画するジオメトリをプッシュする代わりに、ZBrushは、整備されたカーブ・ラインの外側のジオメトリをすべて削除し、結果として生じる穴を閉じます。

下記サイトでは動画を確認することも可能です。
http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?178984

Bridge Curve Brush -サーフェースホール、PolyGroupの境界あるいは折り目を付けられたedgessなどの間にポリゴンブリッジを作成します。

Creasing Brush -このブラシで、もはやクリー図エッジを定義するためにトポロジーまたはPolyGroupsに頼る必要がありません。このブラシは、自由に描かれたカーブがクリー図をどこで適用されるか定義することを可能にします。

Brush Radius Option Extended -トリムとスライスブラシが利用可能で、このオプションは、トポロジーの細い線、あるいは表面の厚さを作成します。

表示の拡張 -スライスや穴を閉じたり、開いたりといったコントロールを作成するためにスライス及びクローズホールブラシを使用して、部分的な非表示ジオメトリを作ることができます。DynaMeshは現在、一部のジオメトリを操作する能力を持っています。

新しいカーブフレーミング -対応CurveModeを持つすべてのブラシが自動的に、折り目エッジやポリグループを任意のサーフェースで開口部を検出します。これは、迅速かつ容易にCurveBridge、Curve Tri Fill、MultiTubeなどのようなブラシで作成するワークフローを提供します。

DynaMeshはポリグループを保持 -モモデルにDynaMeshを適用する時、オリジナルのモデルあるいは挿入されたメッシュからの既存のPolyGroupsは保存されます。Panel Loops, Group LoopsやPolishのような既存の機能と一緒に、ZBrushの内のハードサーフェスを作る驚くほど多くの新しい方法を与えます。

Group Front -新しいPolyGroupの割り当て機能は、カメラの視点から新しいPolyGroupを作成します。これは、カメラに直面した、すべての可視ポリゴンに単一のPolyGroupを割り当てます。

新しいソロダイナミックモード -ZBrushカメラの前で操作するときのみ表示現在アクティブなsubtoolにを保持します。これは、3Dナビゲーションを改善し、それを複雑なモデルで動作するように風になります。ZBrushカメラの前で操作する場合、現在アクティブなSubToolだけを表示されるようにしておきます。

UV’s Smoothing -モデルのUVのを滑らかにする場合、ZBrushは現在、それらの境界をフリーズします。これは、外部のレンダリングアプリケーション用のシームレスマップ・プロセスを作成します。何回レベルを行き来したとして、UVのスムーズはは保持されるでしょう。

Panel Loops -パネル・ループに対する新しい2つのオプションが重要な役割を果たします。パネルのポリグループまたはトポロジループを再割り当てするかどうかを1ボタン・ソリューションを提供することで、迅速に作業できるようにループします。

New Masking -任意で併用中のGeometry Border,、Polygroups Border、Creased Edges のようなメッシュ機能と一緒に単一クリックでmaskかunmaskを実行できます:

001

002

003

004

ZBrush 通常製品版 販売価格
"製品名" 本体価格 備考
ZBrush 4R7 Windows/Macスタンドアロン \104,000 ※日本語マニュアルは別売です。
ZBrush 4R7 Windows/Macフローティング \104,000 ※日本語マニュアルは別売です。 ※フローティングライセンスシステム所有者向け
フローティングライセンスシステム(フローティング化) \160,000 ※ライセンスサーバシステムのみの価格です。 ※別途ZBrush本体が10ライセンス以上必須。 ※法人のみ
ZBrush 4 日本語マニュアル(2巻セット) \8,000
-

※価格は税別です。

ZBrush 教員&学生版 販売価格
"製品名" 本体価格 備考
ZBrush 4R7 Windows/Mac アカデミック版 \92,000 ※日本語マニュアルは別売です。
ZBrush 4 日本語マニュアル(2巻セット) \8,000
-

※価格は税別です。

※教育機関版も下記同意書をご使用ください。

【学生版購入申請書ダウンロード】

製品情報内の検索
製品の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ