視覚デザイン

  • 著者:南雲治嘉
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
  • ISBN:978-4-86267-074-8
  • 総ページ数:128 ページ
  • サイズ:B5判、4色

発売日:2009年12月18日

製品の購入はこちら

  • Born Digital Store
  • Born Digital Store

※書店でお買い求めの際には、予め在庫をご確認ください。≫取扱い店舗
※PDF書籍に関しては書店販売を行っておりません。

書籍カバー画像

第1章 錯覚の原理

第3章 錯覚構成

第4章 視覚心理

第5章 デザイン基礎技法

人間は「視ること」を「視せること」に応用できたことで 何を学んだのでしょうか? クリエイティブを行ううえでこのことは基本であり、重要なことです。

本書では、「視覚」をテーマに、その原理から歴史を デザインの視点からなぞり、「視覚構成」、「視覚心理」、 そして応用としての「デザイン基礎技法」まで展開します。

何気なく日常「視えている」ことには、じつは深い意味があり、 それはデザインする姿にもつながっています。 段階的に読み進むことで、あなたの制作物のヒントまでが視えてくるはずです。

視えるとはどういうことか?(第1章)

本書では「見る」と「視る」を使い分けています。「見る」は、ただ漠然と見ている状態であり、「視る」は意識や意図を持って見る場合に使用します。
視えるというのは、ただ外の風景を見ているだけというわけではありません。視るとは、脳の働きで起きています。本書では「視える」メカニズムの謎を解き明かし、それがデザインにどう活かせるか紹介しています。

錯視と見せ方(第4章)

人の眼にはときに見間違いを起こす「錯視」があることは、よく知られた事実です。そのため時として、錯視を意識したデザインをしなければなりません。例えば数字の「8」は、同じ円を上下に置いたときに上の円の方が大きく見える「誇大視」という錯視を意識し、上の円を小さくすることで安定感を生み出し、見た目の美しさを実現しています。

デザイン手法(第5章)

デザインが通るかどうかは、企画書とプレゼンテーションで決まるといって過言ではありません。そのためには、顧客との目的の共有(着想段階)、アイデア出し(発送段階)、アイデアの具現化(制作段階)というプロセスが欠かせません。本書では、それぞれのプロセスについて、どのように取り組めばよいのか、図解で分かりやすく解説しています。

製品の購入はこちら

  • Born Digital Store
  • Born Digital Store

※書店でお買い求めの際には、予め在庫をご確認ください。≫取扱い店舗
※PDF書籍に関しては書店販売を行っておりません。