Books 書籍

トップページ書籍美しい光の図鑑

書籍基本情報

美しい光の図鑑

美しい光の図鑑

宇宙に満ちる、見えない光と見える光

発売日:2016年3月下旬

著者:キンバリー・アーカンド(Kimberly Arcand)
ミーガン・ヴァツケ(Megan Watzke)
定価:本体4,000円 + 税
ISBN:978-4-86246-312-8

総ページ数:208 ページ
サイズ:変形版(254 × 254 mm)

書籍の購入はこちらから
  • Born Digital Store
  • WORKS
  • Amazon.co.jp
  • Yodobashi
  • Seven Shopping

※書店でお買い求めの際には、予め在庫をご確認ください。

※PDF書籍に関しては書店販売を行っておりません。

主要取扱い店舗>>

書籍サポート

光と闇が織り成す宇宙。宇宙は光に満ちています。

数千年にわたり、人類は「光」の謎を解き明かそうと挑んできました。また、最新科学は、光の謎を解き明かすことによって、宇宙の神秘を1つずつ、解明しています。

先端的な研究では「見えない光」が利用されています。NASAのスタッフでもある2人の著者は、宇宙および科学分野の例を多用して、現代の目に見える光、見えない光の性質と利用を解説しています。NASAの宇宙観測写真を代表とする、フォルスカラー(偽色)による表現の美しい観測写真は、誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。

各章では、スペクトルの7種の光(電波、マイクロ波、赤外線、可視光線、紫外線、X線、ガンマ線)の違いと共通項を順に取り上げています。それぞれの光の放射温度、波長、エネルギー、その光を利用した機器、主な特性を紹介した後には、鮮やかな写真によって自然、歴史、テクノロジーを掘り下げます。

さらにエピローグでは絵画における光と色の表現、光学顕微鏡における可視光線とレンズの利用、番外として影を取り上げ、より身近な光を理解します。

本書は、「Light: The Visible Spectrum and Beyond」の日本語版です。

【著者について】
キンバリー・アーカンド(Kimberly Arcand)とミーガン・ヴァツケ(Megan Watzke)は科学およびテクノロジー分野の経験豊富なディレクター、プロデューサー、著述家。アーカンドはNASAのチャンドラX線天文台のビジュアリゼーション・リード。専門はイメージアンドミーニング研究。ヴァツケはチャンドラX線天文台の広報担当で、天文の情報発信を担当。

 

■Chapter 1: 電波
■Chapter 2:マイクロ波
■Chapter 3:赤外線
■Chapter 4:可視光線
■Chapter 5:紫外線
■Chapter 6:X線
■Chapter 7:ガンマ線
エピローグ





書籍の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから
  • ワークスコーポレーションのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ