Books 書籍

トップページ書籍書籍サポート『ゲームプログラミングのためのリアルタイム衝突判定』

書籍サポート

弊社出版書籍をお買い上げいただきありがとうございます。
弊社出版物に関してのサポート情報をご案内致します。

『ゲームプログラミングのためのリアルタイム衝突判定』

『ゲームプログラミングのためのリアルタイム衝突判定』 正誤表

 

該当ページ
P126 Qを平面上の任意の点とします。平面上のQに対する最近接点RはQの平面に対して垂直射影したものであり、Qを(nに関して)平面に向かって垂直に動かして得られます。 Qを空間上の任意の点とします。Qに対する平面上の最近傍点Rは、平面に対してのQの正射影であり、Qを(nに関して)平面に向かって垂直に動かして得られます。
P146 L2(t)=P2+td2 , d2=Q2-P1 L2(t)=P2+td2 , d2=Q2-P2
P147 a=d1d2 a=d1d1
P438 1.fの部分は可数部( mantissaあるいはsignificand)と呼ばれます。 1.fの部分は仮数部( mantissaあるいはsignificand)と呼ばれます。

■書籍紹介のWebページは、こちら

書籍の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから
  • ワークスコーポレーションのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ