PD検定

商品開発に関わる全ての人のための総合知識

JIDAのプロダクトデザイン検定(PD)検定は、デザイナーとしての専門性の確立と、社会的信頼性の向上、プロダクトデザインの普及・啓発を目的とし、商品開発に関わる全ての人に向けた関連知識の評価基準となるものです。

こんな方におすすめ!

商品開発に関わる方 / 現役デザイナーの方 / デザイナーをめざす方 / デザイン教育に携わる方 / 企業におけるデザイン部署のマネージャーの方 / 営業職の方 / マーケティング担当の方 / 工学部の学生 / 女子大の家政学関連の学生 / デザイン関連の専門学校生など

実施概要

1級2級試験ともに、全国のテストセンターで、いつでも受験いただけ、お申し込みも随時受け付けております。学校や職場で試験を実施する「出張試験」制度もございます。詳しくは実施概要をご覧ください。

1級のレベル

プロダクトデザインについての知識と技術を習得し、具体的な方法や留意事項の指示を受け業務を遂行できるレベルです

1級試験要項

【試験概要】
試験日
随時(試験センターの休日以外いつでも受験できます)
試験会場
J-Testing試験センター(全国200か所以上)
問題形式
CBT(Computer Based Testing)方式で4択
受験費用
一般¥10,800(アカデミック¥8,640)
試験時間
90分
出題数
100問
合格基準
正解率70%以上
受験資格
特にありません。どなたでも受験できます
資格登録
合格後資格登録すると「PD検定1級資格証」が発行されます。
1級資格登録料一般:¥10,800 (※アカデミック:¥8,640)
すでに2級を登録されている方は¥5,250
資格の有効期限はありません。

2級のレベル

プロダクトデザインに関わる仕事をするにあたって必要とされる、基本的な知識を有しているレベルです プロフェッショナルデザイナーへの入り口である2級検定資格を取得し、実務経験や社会活動、プロダクトデザイナーCPD(継続的能力開発)制度を活用した学習などを続けることで、PD検定1級につなげていくことができます。

2級試験要項

【試験概要】
試験日
随時(試験センターの休日以外いつでも受験できます)
試験会場
J-Testing試験センター(全国200か所以上)
問題形式
CBT(Computer Based Testing)方式で4択
受験費用
一般¥10,800(アカデミック¥8,640)
試験時間
90分
出題数
100問
合格基準
正解率60%以上
受験資格
特にありません。どなたでも受験できます
資格登録
合格後資格登録すると「PD検定2級資格証」が発行されます。
2級資格登録料一般:¥10,800 (※アカデミック:¥8,640)
すでに1級を登録されている方は¥5,250
資格の有効期限はありません。

目、耳、肢体などが不自由な方へ

車イスで受験される方、体の不自由な方などで各種ケアを必要とされる場合はお申込み時にご連絡ください。なお、試験会場等の設備状況によっては対応できかねる場合があります。

当日の持参品(机に置けるもの)

  • 本人確認資料
  • 時計

受験の流れ

PD検定は、検定事務局をJIDAより株式会社ボーンデジタルが受託し、試験の予約受付から試験実施までをJ-Testingが責任を持って実施します。 ※出張試験についてはこちらをご覧ください。

①申込

個人受験専用お申し込みページよりお申し込みください。料金のお支払いには、クレジットカード、コンビニエンスストア払い、Pay-easy(ペイジー)決済がご利用いただけます。お申し込み後、申込完了通知がメールで送信されます。

②入金

クレジットカードの場合は、申し込み時に決済が完了します。コンビニエンスストアでのお支払い、Pay-easy決済の場合は、指定の支払方法、期限に従って、料金をお支払いください。

③受験

ご予約いただいた日時・会場へ、直接お越しください。受付の際には、ご自身の身分証明書(免許証など)が必要です。

④結果判定

試験終了後、その場で結果を表示いたします。合わせて、合否結果および得点を記した結果レポートをその日のうちに試験会場にてお渡しいたします。結果レポートをもって合否通知とさせていただきます。 資格の登録には受験料とは別に資格登録料一般:¥10,800(アカデミック:¥8,640)が必要です。合格者には資格登録に関するご案内を受験日の翌月末までにお送りいたします。