モーションキャプチャを使ったコンテンツ制作セミナー

  • 一般公開
  • 無料
  • 受付中
モーションキャプチャを使ったコンテンツ制作セミナー 2019-11-26 東京都 れからVtuberやバーチャルキャラクターを事業としてはじめようとお考えの方に向けて、はじめる前に知っておくべきマネージメントの話から、制作のフロー、システムの話まで、株式会社ソリッド・キューブおよび株式会社クレッセントからゲストをお招きしてご紹介いたします。 一般公開 無料 受付中

昨今モーションキャプチャを使用した3DCGコンテンツで、特に注目を集めるVtuberやバーチャルキャラクター。個人はもちろん企業が事業として制作や活用をお考えの方も多いのではないでしょうか?

今回のセミナーでは、そんなこれからVtuberやバーチャルキャラクターを事業としてはじめようとお考えの方に向けて、はじめる前に知っておくべきマネージメントの話から、制作のフロー、システムの話まで、株式会社ソリッド・キューブおよび株式会社クレッセントからゲストをお招きしてご紹介いたします。

ご興味がおありの方は是非ご参加ください!

開催日

2019年11月26日(火)

時間

セミナー 16:00 - 19:00 (開場 15:30)
懇親会 19:00 - 20:00

会場

ワテラスコモンホール
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地
≫アクセス

参加費

無料※事前登録制

内容

Vtuberやバーチャルキャラクターをはじめる前に知っておくこと

  • VTuber運営、制作におけるポイント
  • VTuber=タレントの育成、マネジメントにおけるポイント
  • キャラクターモーションにおけるプロのモーションアクターの重要性。

 

登壇者:

原田 奈美

株式会社ソリッド・キューブ
代表取締役

2003年よりモーションアクターコーディネーターとして活躍。
2016年にはモーションキャプチャー専門会社[株式会社ソリッド・キューブ]を設立し、数々のTVアニメ、ゲーム、CGライブのモーションコーディネートを手掛ける。
2019年10月モーションキャプチャースタジオ「スタジオアルカディア」を設立。
モーションキャプチャーディレクター、プロデューサーとして活動中。

株式会社ソリッド・キューブ solidcube.jp

Twitter:@namizou79

 


MotionBuilderとモーションキャプチャシステム、UE4との連携について

 

MotionBuilderを使用して、Vicon Motion Capture SystemでモーションキャプチャされたデータをCGキャラクターにマッピングし、さらには、Unreal Engine 4にリアルタイムでデータを流す方法をご紹介いたします。

 

登壇者:

若井 雅幸 氏

株式会社 クレッセント
モーションキャプチャチーフエンジニア

2003年クレッセント入社以来、モーションキャプチャ(Vicon)を担当。
『のだめカンタービレ最終楽章』や、『のぼうの城』、『シン・ゴジラ』等に参加。近年は、リアルタイムCGライブイベントにモーションキャプチャ担当として多数参加。2006年にスウェーデンのデザイナーユニットFRONTとのコラボレーションで開発した”Sketch Furniture”システムが、2014年に英国王立ビクトリア・アンド・アルバーツ美術館に、デジタルプロセスとして永久保存される。

主催

株式会社ボーンデジタル

協賛・協力

株式会社クレッセント≫web
株式会社ソリッド・キューブ≫web
オートデスク株式会社

個人情報の取り扱いに関して:

本セミナーにご登録いただいた方は以下に同意するものとします。:

株式会社ボーンデジタル(以下「ボーンデジタル」)及び、オートデスクインク及びその子会社(以下総称して「オートデスク」)のプライバシーポリシーに従ってイベント登録者の個人情報および嗜好を収集、使用してデータベースの管理、更新を行う事に同意します。その登録情報はボーンデジタルおよびオートデスクに提供されます。また、イベント実施、営業目的のために、その事業を行う第三者に登録者の個人情報を伝えることも承諾します。ボーンデジタルおよびオートデスクのプライバシーポリシーの詳細は下記URLをご確認ください

ボーンデジタル:https://www.borndigital.co.jp/legal

オートデスク:http://www.autodesk.co.jp/privacy