海津ヨシノリの画像処理テクニック vol140 ~Dimensionの基礎【Dimensionの可能性3】~

  • 一般公開
  • 学生
  • 無料
  • 受付中
海津ヨシノリの画像処理テクニック vol140 ~Dimensionの基礎【Dimensionの可能性3】~ 2020-01-16 東京都 Mixamoを活用したアニメーション処理をご紹介 一般公開,学生 無料 受付中

海津ヨシノリ氏による『画像処理テクニック講座』の140回目は Dimension の基礎講座です。

Dimension本来の使い方ではなく、3DCGソフトで作成したデータのレンダリング用ツールとしての可能性の整理第二弾です。
下絵してのDimension操作という贅沢な使い方もありですね。

  • 3Dパース確認用
  • 読み込みデータとサイズの設定
  • オートで調整できないパースの場合
  • Mixamoとの連携
*********************************************************
<登壇者>
海津ヨシノリ氏
グラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター、 写真家、怪しいお菓子研究家
跡見学園女子大学全学共通教育 非常勤講師
二松學舎大学国際政治経済学部 非常勤講師
駿河台大学情報処理教育センター 非常勤講師
開催日

2020年1月16日(木)

時間

19:00~20:00(開場18:45)

会場

ボーンデジタル 6F セミナールーム(東京 九段下駅)
アクセスはこちら

参加費

無料

申込

事前登録はございません。 直接会場にお越しください。

内容

今後の予定:

———————————————————————

2月
■画像処理テクニック-第141回
~ZBrushの基本講座【3Dデジタル粘土細工入門8】~
ZBrush 2020で加わった機能の確認と、モデリングの流れをパーツの組合せで考察してみます。単純な形状の積み重ねという考え方も面白いです。

  • マネキンライブラリ
  • ポリペイントのカラー調整
  • XTractorブラシ
  • モーフUV

———————————————————————
3月
■画像処理テクニック-第142回
~Windows 3D【3D Builderとペイント3D】~
Windows 10 標準搭載の3D Builderとペイント3Dの侮れない機能と可能性について整理してみます。使用を理解すれば可能性が広がっていきます。

  • 3D Builderは押し出し処理がキモ
  • パーツを分けてモデリング
  • ブーリアン的処理を積極利用
  • デカールの活用

———————————————————————
4月
■画像処理テクニック-第143回
~Photoshopの活用【3D処理の可能性】~
Photoshopのもつ3D機能の可能性について整理します。あまり語られていませんが、実はモデリング機能も備わっているPhotoshopの3D処理は抽象3D的な処理の可能性が見えます。

  • 基本形状を繰り返す
  • 光源と設定の有無
  • マテリアルで生きる形状
  • 組合せの可能性

———————————————————————

※各セミナーの告知は開催1ヶ月前より行います。
※内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。