Maya開発環境構築・管理ノウハウ・Tips・事例紹介! ~受託制作スタジオならではの多種多用な環境をどう管理するか~

  • 一般公開
  • 無料
  • 受付中
Maya開発環境構築・管理ノウハウ・Tips・事例紹介! ~受託制作スタジオならではの多種多用な環境をどう管理するか~ 2021-07-06 オンライン 様々な受託制作案件を請け負うCOYOTE 3DCG STUDIOならではの制作環境管理手法をご紹介。 一般公開 無料 受付中

様々な受託制作案件を請け負うCOYOTE 3DCG STUDIOならではの制作環境管理手法をご紹介。

いかにしてマルチな開発環境を横断して管理するのか、事例とTipsを共有いたします。

また、セミナー後に懇親会も実施予定です。意見交換などの場にもなればと思いますのでぜひご参加ください。

開催日

2021年7月6日(火)

時間

ウェビナー 19:00 - 20:00
懇親会 20:00 - 21:00

会場

オンライン

参加費

無料※事前登録制

申込

こちらから

内容

講演内容

  • 会社概要
  • 受諾会社が抱えるマルチな制作環境を管理する難しさと必要性
  • 各案件毎に柔軟に環境を切り分ける手法
    1. Mayaを起動するまでの環境変数のお話
  • テクニカルチームの支援ツール開発環境
    1. 支援ツール開発用環境とリリース環境
    2. 内製ツールの紹介
  • python3の話

講演者

山本 智人(やまもと ともひと)

株式会社クリーク・アンド・リバー社 COYOTE 3DCG STUDIO テクニカルアーティストリーダー

ゲーム開発会社にてグラフィックアーティストとして、モデリング・モーション・エフェクト・UIなどオールラウンドのグラフィック制作を経験後、テクニカルアーティストに転身。

現在は株式会社クリーク・アンド・リバー社 COYOTE 3DCG STUDIOにて、社内外問わずアーティストのDCCツールサポートや制作パイプラインの提案・作成・運用を行う。特にアニメーション制御やモーション制作周りのテクニカルサポート・リガーとして様々なプロジェクトに従事。

天埜 零士 (あまの・れいじ)

フリーランステクニカルアーティスト

専門学校卒業後、アニメーション作品のキャラクターモデラーとしてキャリアスタート。作業の効率化を意識するようになり独学でプログラムを勉強。ゲーム業界への転向を機にテクニカルアーティストへ。

Python, Qt, Maya, AfterEffects, etc…
・内製ツール開発と保守がメイン

主催

株式会社ボーンデジタル

協賛・協力

株式会社クリーク・アンド・リバー社

※お申込みにはクリエイターIDログインが必要です。IDをお持ちでない方はまずはこちらからご登録ください。

クリエイターIDとは?