【公募】Maya スタートアップ トレーニング

  • 一般公開
  • 有料
  • 受付終了
【公募】Maya スタートアップ トレーニング 2022-05-16 東京都 3Dの初心者を対象としたMayaの導入トレーニングで、3DCGの基本的な概念も学びながらMayaの基本的な使い方を学んで参ります。 一般公開 有料 受付終了
●弊社トレーニングではコロナ感染拡大防止に努めております●
トレーニングルームでは2mのソーシャルディスタンスを確保(机を離して配置・受講者の上限を通常の50%に限定して1席空ける)、講師並びに受講者間に卓上アクリル板を設置、実施前後にドアノブ・机・マウス・キーボード・モニター等のアルコール消毒、1時間程度で室内の空気を全て入れ替える空調と適宜窓を開放
講師につきましても、入室前に石鹸での手洗いとアルコール消毒フェイスシールドまたはマスクの着用、入室前に検温(37.5度以上の場合は中止)、咳やクシャミの症状のある場合は中止としております。お客様にも同等の対応をお願いしております。
感染拡大状況の影響を受けにくいリモートでの実施も承っております、合わせてご検討ください。

詳しくはメール(mailto:support@borndigital.jp)にてお問合せください。

通常は4名様からのクローズで開催しておりますコースを、特別に公募にて実施いたします。 お一人様からお申込みいただけますので、新たにMayaに取り組まれる方や新入社員様向けの研修などに是非ともご活用ください。

本コースは3Dの初心者を対象としたMayaの導入ハンズオントレーニングで、3DCGの基本的な概念も学びながらMayaの基本的な使い方を学んで参ります。
コース内の課題によって、Mayaのユーザインタフェースの理解・3DCGにおける基本概念・ポリゴンモデリングの基礎・質感の設定・ライティング・アニメーションの基礎・レンダリングといった一連の制作過程を経て、1本のショートムービーを完成させます。 これにより3DCGの第一歩を踏み出すだけでなく、達成感と今後のモチベーションを感じて頂くことができます

※お一人様に1台のPCとMaya 2022をご用意しております、当日は必要に応じてメモ帳や筆記具のみご持参ください。
※専用のテキストを使用いたします。
※本トレーニングはオートデスク社の公認(ATC)を取得しております。
※コロナ感染拡大状況によっては中止やスケジュール変更を行う場合がございます、中止やスケジュール変更によるキャンセルにつきましては受講料を全額返金いたします。
※お客様理由によるキャンセルは返金いたしません。

開催日

2022年5月16日~18日(3日間)

時間

10:00~17:00
※途中お昼休みと、随時休憩を含みます。
※終了時刻は状況により前後する場合がございます、予めご了承ください。

会場

ボーンデジタル トレーニングルーム

参加費

1名様¥165,000-(税込み・事前振り込み)

参加対象

初めて3Dソフトウェア及びMayaを学ばれる方

内容

―1日目(6時間)―

  1. Maya基本(シーンとプロジェクト・UI・カメラ操作・シェーディング)
  2. 基本操作(選択・移動・回転・スケール・チャネルボックス・座標と階層)
  3. コンポーネント(選択・移動・回転・スケール・アトリビュートエディタ)
  4. モデリング(モデリングツールキット・コンポーネント選択の変換・履歴)
  5. カーブを使ったモデリング(カーブの種類と基本操作・カーブからポリゴンを生成)

―2日目(6時間)―

  1. 質感とは(カラー・アンビエント・拡散)
  2. ハイパーシェード(マテリアルとSG・作成と適用)
  3. ビューポートとレンダービュー
  4. テクスチャリング(ファイルノード・UVの作成・ギズモ・UVエディタ
  5. ライティング(直接照明と間接照明・既定のライト・色とライトの関係)
  6. カメラとレンダリング(視野角・レンダリングサイズ・ガンマ補正)

―3日目(6時間)

  1. アニメーション(種類・プリファレンス設定・アニメーション用パネル)
  2. キーフレームアニメーション(キーの設定・グラフエディタ)
  3. キャラクタアニメーション(ジョイント作成・IK/FK・スキニング)
  4. プロシージャルアニメーション(コンストレインについて・モーションパス)
  5. 連番レンダリング(カメラワーク・連番レンダリングの設定・バッチレンダー)

※内容は予告なく変更となる場合がございます、予めご了承ください。

ご好評につき受付を終了いたしました、次回開催をご利用ください。