SEMINARS & Training セミナー・トレーニング

トップページセミナー・トレーニング > 開催終了 > 2016年12月「ライトとマテリアルの基礎講座」

開催終了

「ライトとマテリアルの基礎講座」

「ライトとマテリアルの基礎講座」

光、色、ライト、マテリアルを感覚だけでなく、基本的な意味を理解することでいつレンダラが変わっても戸惑うことなく設定できるようになります。

本セミナーでは、マテリアルジェネレーターとしてのSubstance Designer、レンダラーとしてRedshift/Arnoldを使用し、ライトとマテリアルの基本をご説明いたします。

※本セミナーはハンズオンではございません。

12月2日19時00分に受講票および落選のお知らせを配信いたしました。

開催日

2016年12月8日

時間

15:00 – 20:00(途中休憩含む)

会場

株式会社ボーンデジタルセミナールーム(東京・九段下)
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-5 Daiwa九段ビル 6F
≫アクセス

参加費

無料

参加対象

ご興味のある方ならどなたでもご参加いただくことが可能です。

※ご入場時にお名刺が1枚必要となります。お名刺がない場合、ご入場いただくことができませんのでご注意ください。

申込

お申し込みサイトはこちら

※申し込み受付は12月1日までとなります。
※受講票は12月2日に配信いたします。

内容

明るさを考える

  • 明るさの単位
  • 配光
  • 照明率を考えてみる

光と色の関係

  • 光の波長
  • スペクトル
  • 白色光
  • 色温度
  • 演色性

CGのライティング(Arnold/Redshiftで説明)

  • Area Light
  • IESファイルを使用したライト
  • Image Based Lighting
  • レイトレース
  • 様々なGlobal Illumination

物体色

  • 色の見え方に関係する要因
  • 放射輝度ってどんな単位?
  • 輝度の性質
  • なぜ屈折が起こるのか?
  • 屈折率
  • 光の分散
  • 光の反射

CGのマテリアル(Redshift/Arnold/Substance Designer)

  • 物理ベースってどういうこと?
  • BRDF
  • フレネルの方程式
  • 拡散反射と鏡面反射
  • 光を学んで理解するアルベド
  • マイクロファセット
  • フレネル反射
  • 素材による反射率の違い
  • 金属/非金属

オプション(時間があまれば):マテリアルジェネレーターとしてのSubstance Designer

  • Substance Designerでマテリアルとしての環境用タイリングテクスチャセットを1つ作成

※記載された内容は、予告なく変更する場合がございますので、予めご了承下さい。

その他

定員:30名

対象レベル:初級

主催

株式会社ボーンデジタル

開催中・開催予定

開催中・開催予定

開催中・開催予定


PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ