SEMINARS & Training セミナー・トレーニング

トップページセミナー・トレーニング > 開催終了 > 2017年8月コンセプト&マット交流会 – vol.5 CG全盛の今、ミニチュアを語る -

開催終了

コンセプト&マット交流会 – vol.5 CG全盛の今、ミニチュアを語る -

コンセプト&マット交流会 – vol.5 CG全盛の今、ミニチュアを語る -

マットペイントとコンセプトアートについて語り合い、情報交換する「コンセプト&マット交流会」の第5回を開催いたします。

ゲストにIndustrial Light & Magic(ILM)のシニア ジェネラリストとして活躍中の谷雅彦氏をお迎えしております。また、スペシャルゲストには特撮研究所の小串遼太郎氏をお迎えし、モデレーターはLOOPHOLEの木村俊幸氏に努めていただきます。

通常のセミナーのように、講師と聞き手という形式ではなく、自由に所感を語り合う、少人数の会ならではの参加型の交流会を楽しんでいただければと思っております。

どうぞお気軽にご参加ください。

* 8月7日:
予定数の事前登録をいただいたため、お申し込みを締め切らせていただきました。
ありがとうございます。

**8月26日(土)に谷雅彦氏が登壇する「BD CG STUDY GROUP PRO 特別編 画作りのための基礎体力とは?~色、光、観察力~」とは内容がまったく異なります。
お申し込みも別ですので、ご注意ください。**

開催日

2017年8月19日(土)

時間

16:00~18:00(開場15:45)、懇親会:18:15~20:00
※交流会(トークイベント形式)の後に、そのまま会場にて懇親会を実施いたします。

会場

ボーンデジタル 6F セミナールーム(東京 九段下)
>>アクセス

参加費

1,000円
※事前登録制、懇親会参加費を含む
当日、受け付けでお支払いください

参加対象

ご興味のある方ならどなたでも

申込

>>お申し込みはこちらから

内容

■内容
ILMのジェネラリストの立場から、変化を続けるCG業界の現状をお話しいただき、小串氏との対談においては、CGの進化とミニチュアの関係性と絵作りについて考察いただく予定です。

■ゲスト

Masa_photo_w200
谷 雅彦氏
Industrial Light & Magic 所属
シニア ジェネラリスト

<プロフィール>
岡山県生まれ。日本で映像関係のキャリアを積んだ後、2000 年渡米。2001 年から現在に至るまで、サンフランシスコにてIndustrial Light & Magic に所属。映画制作の傍ら、写真撮影の活動も続ける。

【主な参加作品】:
映画:
「ゴジラvsキングギドラ」「ガメラ 大怪獣空中大決戦」
「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」「白痴」
「ファイナルファンタジー」「スターウォーズ エピソード2」
「パイレーツ・オブ・カリビアン」「宇宙戦争」
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」「スター・トレック」
「アベンジャーズ」「パシフィックリム」
「スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」
「ローグワン」「スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ」他

書籍:
2012年 写真集「Silent Force」

0819_concept-mat-vol5_tani2 0819_concept-mat-vol5_tani3

■ゲスト

0819_concept-mat-vol5_kogushi1
小串 遼太郎氏
特撮研究所 所属
演出/VFXプロダクションマネージャー

<プロフィール>
福岡県出身。大阪芸大映像学科卒。演出部・助監督として佛田洋特撮監督に師事。子供番組の特撮TVシリーズから特撮映画までSFX、VFXの現場で活躍。「シン・ゴジラ」ではスタジオカラーにてプリヴィズ制作と尾上特技統括監督のもと特撮班演出部にて参加。現在、母校の大阪芸大映像学科にて特撮の授業で教鞭も執っている。

■モデレーター

0819_concept-mat-vol5_kimura1
木村 俊幸氏
LOOPHOLE 代表
現代美術家、VFXクリエーター。

岩手県出身。美術家としてVFX studio LOOPHOLEを活動の中心とし、同スペースをギャラリーとした個展を開催している。最新作オムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる/人にやさしく』ではダンボール宇宙船を単独造形しVFX-JAPAN アワード2017 優秀賞を獲得。

>>Yahoo! JAPAN ニュース

ロックバンドAcid Black CherryのPVインキュバスを手掛けた事から同アルバムを映画化した広瀬アリス主演映画『-L-』(コンセプト/マットアート/VFX監督/モデルメーカー)では意匠 大林 宣彦監督作品に関わった経験から画家として味のあるマットペイント映画を世に送り賛否両論の渦となる。

『SPAWN』『CASSHERN』『ドラゴンヘッド』などのコンセプトデザイナー/マットアーティスト、VFXクリエイター。自作のアートとビジュアルデザインを混合した作品集『MATIM-SAY YES-』が2017年、東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、府中市美術館等に所蔵される。

最近の参加作品は、テレビ版、映画版「キュウレンジャー」 。

作品掲載サイト:
Behance – TOSHIYUKI KIMURA WORK
ArtStation – Kimura Toshiyuki

Loophole Webサイト:http://www.loophole.jp/

0819_concept-mat-vol5_kimura3 0819_concept-mat-vol5_kimura5

0819_concept-mat-vol5_kimura2 0819_concept-mat-vol5_kimura4

主催

株式会社ボーンデジタル

開催中・開催予定

開催中・開催予定

開催中・開催予定


PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ