V-ray Next for Maya [Chaos]

  • レンダリング

製品概要

Chaos GroupはVFXや映画、メディア、エンタテインメント、建築、自動車デザイン、プロダクトデザイン、テレビなどの業界向けの最先端のレンダリングソリューションを提供しています。

Chaos Groupが提供する「V-Ray」のレンダリングエンジンを使用することでフォトリアリスティックなイメージを短時間でレンダリングすることが可能です。

最先端のレイトレーシングテクノロジによりすべての制作パイプラインにおいて時間やCPUなどを含めてコストを削減できます。

V-Ray Next for Maya — Now Available

アダプティブ・ドームライト

高速IPR

GPU ボリュームレンダリング

V-Ray Layered Texture

アダプティブ・ドームライト

もはやポータルライトは不要です。V-Ray Next の新しいアダプティブ・ドームライトは自動的にシーンを分析し、よりノイズの少ない「屋内の」イメージベース・ライティング照明を提供します。

高速IPR

IPR(インタラクティブレンダリング)を再設計し、快適なフィードバックを提供します。

IPR中の高速デノイズ

ビューポートでインタラクティブレンダリング利用中に、ほぼリアルタイムでデノイズを適用できます。(NVIDIA社 AI denoiserを使用)

デバッグシェーディング/選択オブジェクトのみ表示

インタラクティブレンダリング中に、作業中のテクスチャー/マテリアル、オブジェクトのみ表示する事ができます。エラー解析用の表示(AO,法線、UV、ワイヤー)もメニューで切り替えて表示できます。

ビューポートIPRでプレイブラスト

ビューポートIPRを使って、非常に高速にプレビューアニメーションをレンダリングできます。高品位なプレビズアニメーションが短時間で得られます。

刷新された GPU レンダリング・コア

新しいアーキテクチャーに刷新されたV-Ray GPUコアはより強靭になりました。多くの重要なV-Ray機能をGPUでサポートした事で、実際のプロダクション・シーンをGPUでレンダリングする事ができます。

GPU ボリュームレンダリング

V-Ray GPUでフォグ、煙、炎などのボリューメトリック効果のレンダリングに対応。V-RayVolumeGridのサポートする OpenVDB, Field3D, Phoenix FDのキャッシュをGPUで高速レンダリングできます。

GPU バケットレンダリング

GPUレンダリングで「バケット型」のレンダリングをサポート。これにより Cryptomatte エレメントの出力もサポートします。

フィジカル・ヘアーシェーダー

新しいV-Rayフィジカルなを使用して、より良いハイライト、照明の分布でヘアーを表現できます。メラニン色素コントロールを使用すると、ブロンドからブルネット、赤毛まで、あらゆる髪の色を簡単に表現できます。個性的なキャラクターの為にヘアカラーで髪を染める事も簡単!

METALNESSパラメーター

“Metalness”による反射コントールに対応。リアルタイム系と同じ物理シェーダー用テクスチャーをV-Rayマテリアルでも利用いただけます。

新しいトゥーンシェーダー

簡単にアニメ調のスタイルでレンダリングを行うトゥーンシェーダーと、より高度なライン制御ができるように改良されたVRayToonを搭載 。

V-Ray Layered Texture

レイヤー毎のブレンドモード、レイヤーマスクに対応した新しいレイヤーテクスチャーを提供。

レイヤー化 Alembic に対応

レイヤー構造を持つ Alembic 1.7 フォーマットをサポート – Alembicデータのより迅速かつ効率的な処理と更新を可能にします。

V-Ray Cloud

Maya上から1クリックで直接V-Ray Cloudサーバーにジョブを送信できます。V-Ray CLOUDに関してはこちらをご参照ください。

デノイザー

ラウンドコーナー

信じられないほど速いGPUレンダリング

ヘア&ファー

V-RAYフレームバッファ

強力なCPUレンダリング

V-Rayのアダプティブで最適化されたレイトレース技術により、高画質の画像やアニメーションを素早くレンダリングします。

信じられないほど速いGPUレンダリング

GPUで高速化されたルックデベロップメントやファイナルフレーム・レンダリングでスピードをさらに高めます。

変動ベースのアダプティブサンプリング

改善された検出機能により、ノイズの少ない結果を生成します。

デノイザー

ノイズを自動的に除去し、レンダリング時間を最大50%短縮します。

グローバルイルミネーション

レイトレースまたはハイブリッドグローバルイルミネーションを選択することで、品質とスピードをバランス良くコントロールできます。

正確なライト

ライトの様々なタイプやシェイプ、コントロールを利用し、自然光や人工光、IBL(イメージベースライティング)をレンダリングできます。

大気遠近法+新しいHOSEKスカイ

自然で現実的に見える大気の霧や空をシミュレートできます。

フィジカルカメラ

露出や被写界深度、モーションブラーをコントロールし、どのカメラやレンズでもシミュレートできます。

VR

人気のOculus Rift、HTC Vive、Samsung Gear VRなどのVRヘッドセット用のコンテンツをレンダリング可能。

物理的なマテリアル

複数のレイヤーを利用し、自然な反射を表現するGTR / GGXシェーディングで物理的なマテリアルを作成できます。

効率的なテクスチャ

有名アプリケーションのMARIやMudbox、Zbrushのマルチ解像度タイルテクスチャを利用して作業できます。

Triplanarマッピング

UVなしでシームレスなテクスチャを簡単に適用できます。

ラウンドコーナー

追加でモデリングする必要なく、レンダリング時に滑らかなエッジを生成します。

プロキシ ブジェクト

ロードオンデマンドのプロキシオブジェクトを使用することでレンダリング時間を短縮し、膨大なシーンをメモリ内に収めます。

レンダリング時ブーリアンのClipper

どのメッシュオブジェクトでも、切り抜きや複雑なセクションを作成できます。

ユニークなシェーダ

肌や髪、サブサーフェススキャタリング用のシェーダをマテリアルや目的に合わせてコレクションから選択できます。

ヘア&ファー

現実的な髪を表現するMaya hair and furや XGen、Ornatrix、Shave and a Haircut、Yetiをサポートします。

ボリューム

RealflowまたはHoudiniからのOpenVDBファイルをインポートし、最適化されたボリューメトリックエフェクトをレンダリングできます。

レンダーエレメント

ビューティーやユーティリティ、マットパスにより合成を完全にコントロールし、ディープコンポジットまで完全なセットを出力できます。

V-RAYフレームバッファ

レンダリングを履歴を追跡し、V-Rayのフレームバッファでそのまま色や露出などを微調整します。

V-Ray for Mayaの動作はMaya本体の動作環境に準じます。Intel® 64ビットまたは互換プロセッサー(SSE4.2対応必須)

  • RAM:4GB 推奨8GB
  • Windows:Maya 2016-2019
  • Linax:Maya 2016-2019
  • Mac:Maya 2016.5-2019

Maya LTはプラグインをサポートしない為、V-Rayは動作不可
Mac OS ではNVIDIA社からドライバーが供給されていない為、V-Ray GPUの CUDA/RTXアクセラレーションは利用いただけません。(CUDAに関しては環境変数で隠しスイッチを有効化すると使用可能ですが、サポート対象外です。)

ライセンスサーバー

ChaosGroup License Server 5.X

  • Windows:7/8.1/10 64bit
  • Mac OS X:10.7以降
  • Linax:CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU:Pentium 4またはSSE3サポート互換プロセッサー
  • RAM:256MB 推奨512MB
  • HDD:40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP:IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須

V-Ray 通常版

製品名 希望小売価格 備考
V-Ray Next for 3ds Max Workstation(オンライン日本語マニュアル付属) \138,000
V-Ray Next Workstation for Maya
(オンライン日本語マニュアル付属)
\138,000
V-Ray 3 Workstation for Nuke \138,000
V-Ray 3 Workstation for MODO \92,400
V-Ray 3 for Revit Workstation \92,400
V-Ray 3 for Rhino Workstation \97,200
V-Ray Next for SketchUp Workstation オンラインライセンス(v3 オンライン日本語ドキュメント提供) \97,200
V-Ray 3 Render Node ライセンス \49,200 ボリュームディスカントあり
Phoenix FD 3 Workstation for 3ds Max
(v2.1 オンライン日本語マニュアル付属)
\97,200
Phoenix FD 3 Workstation for Maya
(v2.0 オンライン日本語マニュアル付属)
※V-Ray 3 for Maya必須
\97,200
Phoenix FD 3 シミュレーションライセンス \24,600 ボリュームディスカントあり
Pdplayer \43,000

※価格はすべて税別表示です。

V-Rayアップグレード版

製品名 希望小売価格 備考
V-Ray 3 Workstation → Next for 3ds Max Workstationアップグレード \69,000
V-Ray 3 Workstation → Next for Maya Workstationアップグレード \69,000
V-Ray 3 → Next for Nuke Workstation アップグレード オンラインライセンス \69,000
V-Ray 3 → Next for Rhino Workstation アップグレード オンラインライセンス \48,600
V-Ray 3 → Next for SketchUp Workstation アップグレード オンラインライセンス \48,600
V-Ray 3 → Next for Modo Workstation アップグレード オンラインライセンス \46,200
V-Ray 3 → Next for Revit Workstation アップグレード オンラインライセンス \46,200
V-Ray 3 Render Node → Next Render Node アップグレード \24,600 ボリュームディスカントあり

※価格は税別です。

サブスクリプション

製品名 希望小売価格 備考
V-Ray Next for 3ds Max Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス(オンライン日本語ドキュメント提供) \55,000
V-Ray Next for Maya Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス(オンライン日本語ドキュメント提供) \55,000
V-Ray Next for Nuke Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス \55,000
V-Ray Next for Unreal Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス(オンライン日本語ドキュメント提供) \55,000
V-Ray Next for Houdini Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス \55,000
V-Ray Next for Rhino Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス(v3 オンライン日本語ドキュメント提供) \45,100
V-Ray Next for SketchUp Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス(v3 オンライン日本語ドキュメント提供) \45,100
V-Ray Next for Modo Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス(v3 オンライン日本語ドキュメント提供) \41,000
V-Ray Next for Revit Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス \41,000
V-Ray Next Render Node レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス \19,600 ボリュームディスカントあり
V-Ray 3.7 for CINEMA 4D Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス(v3.6 オンライン日本語ドキュメント提供) \60,500
Phoenix FD 4 for 3ds Max Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス(v2.2 オンライン日本語ドキュメント提供) \45,700
Phoenix FD 4 for Maya Workstation レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス \45,700
Phoenix FD 4 Simulation Licence レンタルライセンス(1年) オンラインライセンス \11,400 ボリュームディスカントあり

※価格は税別です。