V-ray 5 for Maya [Chaos]

  • レンダリング

製品概要

アニメーションとVFXの為の世界で最も完全なレンダリングソフトウェア

高速で柔軟なレンダラーを必要とする3Dアーティストの為に、V-Ray Maya はスピードを重視して構築され最前線のVFXプロダクション用に設計されています。

アカデミー受賞歴のある、あらゆるプロジェクトをこなすレンダリング技術

V-Rayには実績があります。10年以上にわたりV-Rayは300を超えるテレビシリーズや長編映画をレンダリングするために世界の主要なスタジオで使用されてきました。2017年にV-Rayのレイトレーシングテクノロジーは、VFX業界へのフォトリアリズム向上に貢献したとしてSci-Tech Academy Awardを受賞しました。

ハードウェア性能を使い切る強力なレンダリング

複数のCPU、GPUまたはその両方を組み合わせてレンダリングをスケーリングでき、ハードウェアを最大限に活用します。CPU/GPUレンダリング共に分散レンダリング機能を使用して、単一の画像を複数のマシンで計算することもできます。

パイプラインにシームレスに組み込み可能

V-Rayはスタジオパイプラインとシームレスに連携します。V-Ray 5では業界標準のACEScgをネイティブにサポートし、Alembic、OpenVDB、OpenColorIOなどの業界標準フォーマットにも対応しています。 Golaem、Massive、Ornatrix、Phoenix FD、Yetiなど、お気に入りのMayaプラグインとも互換性があります。

導入とカスタマイズが簡単

V-Rayは、Windows、macOS、またはLinuxネットワークに簡単に導入できます。 Chaos Groupライセンスはフローティングでありマシンに固定されません。またV-Ray StandaloneではMayaをインストールする事なくレンダーファームでレンダリングを可能にします。

V-Ray for Mayaには、レンダリングワークフローをカスタマイズするための2つのソフトウェア開発キットも含まれています。たとえば、V-Ray SDK(C++)を使用してカスタムシェーダーを記述したり、V-Ray App SDK(Python)を使用してカスタムパイプラインツールを構築したりできます。

V-Ray 5 では新しいV-Rayフレームバッファーにより、レンダリングパスのレイヤー合成、レンダリング後にインタラクティブな照明の調整が可能になりました。

ライトパスエクスプレッションによる柔軟なパス出力にも対応。テクスチャのランダム化とアーティファクトフリーなタイリング機能、まったく新しいV-Ray Proxyノードで大幅な速度向上を実現します。V-Ray 5は時間を節約し、CPUまたはGPUの両方でレンダリングの質をさらに向上します。

ライトミキサー

新しいVRayLightMixレンダーエレメントを追加することにより、再レンダリングせずにV-Rayのフレームバッファ上でインタラクティブにライトを調整できます。1回のレンダリングから複数の照明シナリオの画像を生成できます。VFB上でのライト調整をシーンに反映させる事もできます。

レイヤー合成編集

新しく搭載されたレイヤー機能を使用すると、V-Rayフレームバッファー上で直接レンダーエレメントを合成し微調整して仕上げることができます。合成の為に別の編集ソフトウェアを開く必要はありません。

ライトパスエクスプレッション(LPE)

ジオメトリだけでなく”光の挙動”を使用して非常に効率的な合成のための柔軟なマスクを作成できます。ビルトインのプリセットやLPE生成ツールにより簡単に始めることができますが、究極の制御のためにブーリアンを備えたスクリプトが用意されています

再構築されたV-RAY PROXYノード

非常に複雑なProxyであっても、UI反応性を維持したままバックグラウンドで読み込まれます。新しい階層ビューでは、プロキシファイルの内容全体に視覚的にアクセスできます。アイテムの可視性とマテリアルのオーバーライドは、階層ビューで直接適用したり、ルールベースのパターンマッチングで適用できます。シーンの読み込みとレンダリングが高速になり、古いプロキシノードを使用するシーンから新しいProxyノードに変換する事もできます。

ACESCG カラー空間対応

V-Ray 5 では業界標準のACEScgをネイティブにサポートしており、自動的にテクスチャ、分光、Sun&Sky、色温度を自動的に調整します。

強力なGPUレンダリング

プロダクションレンダリングにGPUによる高速化を与えます。 V-Ray 5 GPUは、V-Ray 5のすべての新機能に加え、2Dディスプレイスメント、OSLテクスチャのサポート、メモリトラッキングをGPUレンダリングでサポートしました。またアウトオブコア(初期実装)をサポートし、GPUメモリを超えるジオメトリを扱う事ができます。

コーティングレイヤー

V-Rayマテリアルに反射コーティングレイヤーを追加しました。このコートレイヤーはV-Rayブレンドマテリアルよりも最適化されており、レンダリングが高速です。

SHEEN レイヤー

V-Rayマテリアルの新しい光沢オプションを使用して、ベルベット、サテン、シルクなどの柔らかいマイクロファイバー素材をレンダリングできます。

プリセットのマテリアルパラメーター

アルミニウム、クロム、ガラスなどのマテリアル・パラメータープリセットを使ってよく使われる材料を設定する時間を節約できます。

テクスチャーのランダマイズ

新しいVRayUVWRandomizerマップまたは新しい拡張されたVRayMultiSubTexコントロールを使用して、シーンに多様性を簡単に追加できます。

確率的(STOCHASTIC)テクスチャタイリング

VRayUVWRandomizerの新しいストキャスティック・タイリングオプションを使用すると、テクスチャタイリング時のアーティファクトが自動的に削除されます。

V-RAYDIRTの拡張

強化されたV-Ray Dirtにより、溝やコーナーに生じる風化した縞や汚れ表現が簡単になり、アンビエントオクルージョンとインナーオクルージョンの両方が利用可能となりました。

新しいVRAYSKYモデル

新しいSun/Skyモデルで夕焼け時と太陽が沈んだ後の空をよりリアルに再現します。

ブルーノイズサンプリング

レンダリング・サンプリングの初期段階でよりよいプレビューを返します

デノイザー

ラウンドコーナー

信じられないほど速いGPUレンダリング

ヘア&ファー

V-RAYフレームバッファ

強力なCPUレンダリング

V-Rayのアダプティブで最適化されたレイトレース技術により、高画質の画像やアニメーションを素早くレンダリングします。

信じられないほど速いGPUレンダリング

GPUで高速化されたルックデベロップメントやファイナルフレーム・レンダリングでスピードをさらに高めます。

変動ベースのアダプティブサンプリング

改善された検出機能により、ノイズの少ない結果を生成します。

デノイザー

ノイズを自動的に除去し、レンダリング時間を最大50%短縮します。

グローバルイルミネーション

レイトレースまたはハイブリッドグローバルイルミネーションを選択することで、品質とスピードをバランス良くコントロールできます。

正確なライト

ライトの様々なタイプやシェイプ、コントロールを利用し、自然光や人工光、IBL(イメージベースライティング)をレンダリングできます。

大気遠近法+新しいHOSEKスカイ

自然で現実的に見える大気の霧や空をシミュレートできます。

フィジカルカメラ

露出や被写界深度、モーションブラーをコントロールし、どのカメラやレンズでもシミュレートできます。

VR

人気のOculus Rift、HTC Vive、Samsung Gear VRなどのVRヘッドセット用のコンテンツをレンダリング可能。

物理的なマテリアル

複数のレイヤーを利用し、自然な反射を表現するGTR / GGXシェーディングで物理的なマテリアルを作成できます。

効率的なテクスチャ

有名アプリケーションのMARIやMudbox、Zbrushのマルチ解像度タイルテクスチャを利用して作業できます。

Triplanarマッピング

UVなしでシームレスなテクスチャを簡単に適用できます。

ラウンドコーナー

追加でモデリングする必要なく、レンダリング時に滑らかなエッジを生成します。

プロキシ ブジェクト

ロードオンデマンドのプロキシオブジェクトを使用することでレンダリング時間を短縮し、膨大なシーンをメモリ内に収めます。

レンダリング時ブーリアンのClipper

どのメッシュオブジェクトでも、切り抜きや複雑なセクションを作成できます。

ユニークなシェーダ

肌や髪、サブサーフェススキャタリング用のシェーダをマテリアルや目的に合わせてコレクションから選択できます。

ヘア&ファー

現実的な髪を表現するMaya hair and furや XGen、Ornatrix、Shave and a Haircut、Yetiをサポートします。

ボリューム

RealflowまたはHoudiniからのOpenVDBファイルをインポートし、最適化されたボリューメトリックエフェクトをレンダリングできます。

レンダーエレメント

ビューティーやユーティリティ、マットパスにより合成を完全にコントロールし、ディープコンポジットまで完全なセットを出力できます。

V-RAYフレームバッファ

レンダリングを履歴を追跡し、V-Rayのフレームバッファでそのまま色や露出などを微調整します。

V-Ray Next for Maya — Now Available

アダプティブ・ドームライト

高速IPR

GPU ボリュームレンダリング

V-Ray Layered Texture

アダプティブ・ドームライト

もはやポータルライトは不要です。V-Ray Next の新しいアダプティブ・ドームライトは自動的にシーンを分析し、よりノイズの少ない「屋内の」イメージベース・ライティング照明を提供します。

高速IPR

IPR(インタラクティブレンダリング)を再設計し、快適なフィードバックを提供します。

IPR中の高速デノイズ

ビューポートでインタラクティブレンダリング利用中に、ほぼリアルタイムでデノイズを適用できます。(NVIDIA社 AI denoiserを使用)

デバッグシェーディング/選択オブジェクトのみ表示

インタラクティブレンダリング中に、作業中のテクスチャー/マテリアル、オブジェクトのみ表示する事ができます。エラー解析用の表示(AO,法線、UV、ワイヤー)もメニューで切り替えて表示できます。

ビューポートIPRでプレイブラスト

ビューポートIPRを使って、非常に高速にプレビューアニメーションをレンダリングできます。高品位なプレビズアニメーションが短時間で得られます。

刷新された GPU レンダリング・コア

新しいアーキテクチャーに刷新されたV-Ray GPUコアはより強靭になりました。多くの重要なV-Ray機能をGPUでサポートした事で、実際のプロダクション・シーンをGPUでレンダリングする事ができます。

GPU ボリュームレンダリング

V-Ray GPUでフォグ、煙、炎などのボリューメトリック効果のレンダリングに対応。V-RayVolumeGridのサポートする OpenVDB, Field3D, Phoenix FDのキャッシュをGPUで高速レンダリングできます。

GPU バケットレンダリング

GPUレンダリングで「バケット型」のレンダリングをサポート。これにより Cryptomatte エレメントの出力もサポートします。

フィジカル・ヘアーシェーダー

新しいV-Rayフィジカルなを使用して、より良いハイライト、照明の分布でヘアーを表現できます。メラニン色素コントロールを使用すると、ブロンドからブルネット、赤毛まで、あらゆる髪の色を簡単に表現できます。個性的なキャラクターの為にヘアカラーで髪を染める事も簡単!

METALNESSパラメーター

“Metalness”による反射コントールに対応。リアルタイム系と同じ物理シェーダー用テクスチャーをV-Rayマテリアルでも利用いただけます。

新しいトゥーンシェーダー

簡単にアニメ調のスタイルでレンダリングを行うトゥーンシェーダーと、より高度なライン制御ができるように改良されたVRayToonを搭載 。

V-Ray Layered Texture

レイヤー毎のブレンドモード、レイヤーマスクに対応した新しいレイヤーテクスチャーを提供。

レイヤー化 Alembic に対応

レイヤー構造を持つ Alembic 1.7 フォーマットをサポート – Alembicデータのより迅速かつ効率的な処理と更新を可能にします。

V-Ray Cloud

Maya上から1クリックで直接V-Ray Cloudサーバーにジョブを送信できます。V-Ray CLOUDに関してはこちらをご参照ください。

V-Ray for Mayaの動作はMaya本体の動作環境に準じます。

  • Intel® 64ビットまたは互換プロセッサー(SSE4.2対応必須)
  • RAM:4GB 推奨8GB
  • Windows:Maya 2017-2020
  • Linax:Maya 2017-2020
  • Mac:Maya 2017-2020

Maya LTはプラグインをサポートしない為、V-Rayは動作不可
Mac OS ではNVIDIA社からドライバーが供給されていない為、V-Ray GPUの CUDA/RTXアクセラレーションは利用いただけません。(CUDAに関しては環境変数で隠しスイッチを有効化すると使用可能ですが、サポート対象外です。)

ライセンスサーバー

ChaosGroup License Server 5.X

  • Windows:7/8.1/10 64bit
  • Mac OS X:10.7以降
  • Linax:CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
  • CPU:Pentium 4またはSSE3サポート互換プロセッサー
  • RAM:256MB 推奨512MB
  • HDD:40MBの空き容量 推奨200MB
  • TCP/IP:IPv4のみサポート
  • インターネットへの接続必須

V-Ray 通常版

製品名 希望小売価格 備考
V-Ray 5 for Maya Workstation [永久ライセンス] \138,000 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ
V-Ray 5 Render Node [永久ライセンス] \49,200 WorkstationにRNを追加
V-Ray コレクション (1年ライセンス) \80,000

※価格はすべて税別表示です。

V-Rayアップグレード版

製品名 希望小売価格 備考
V-Ray Next Workstation → V-Ray 5 Workstation for Maya [永久ライセンス] \69,000 V-Ray Nextから5にアップグレード
V-Ray Next Render Node → V-Ray 5 Render Node [永久ライセンス] \24,600 V-Ray Next RNから5 RNにアップグレード

※価格は税別です。

V-Ray レンタル版

製品名 希望小売価格 備考
V-Ray 5 for Maya Workstation 1年 \55,000 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ
V-Ray 5 Render Node 1年 \19,600 WorkstationにRNを追加
V-Ray 5 for Maya Workstation 1ヶ月 \9,400 1GUI + 1RN がセットになったパッケージ
V-Ray 5 Render Node 1ヶ月 \8,200 WorkstationにRNを追加

※価格は税別です。