Products 製品情報

トップページ製品情報ZBrush

ZBrush [Pixologic]

ZBrush

製品概要

ZBrushは3D業界に革命をもたらした、強力な機能と直観的ワーク・フローを備えた、デジタル・スカラプティング、ペインティングールです。

ZBrush を使用することで、まったく手を汚すことなく粘土に非常に近い感覚でスカルプト(彫塑)ができます。何百万ものポリゴンを扱う事が可能で、通常の3Dモデリングでは表現の難しい皺やクロスなどの繊細な質感も簡単に作成能です。

ZBrush は映画、VFX、ゲーム、イラストレーション、広告、デジタル造形、自動車、ジュエリーデザインなど様々な分野で使用されています。

main

  • お問い合わせ
  • 製品の購入

お知らせ

2017/06/14
ZBrush 4R8 リリース
2016/07/24
ZBrush 価格改定告知(2016年7月24日より|値下げ)
2015/07/01
ZBrush4R7 トライアル版ダウンロード開始
2015/01/29
ZBrush 4R7がリリースされました
2014/12/18
ZBrush 4 R7 のリリース延期のお知らせ
2014/08/08
ZBrush 4R7発表

SCULPTRIS PRO

当社がここにご紹介する、ダイナミックなテッセレーションスカルプティングのワークフローであるSculputris Proは、ポリゴンによる制限を考えることなく、ただスカルプトすることができます。Sculptris Proは、含有されているポリゴンが10あるいは何万であるかにかかわらず、どのようなジオメトリやモデルからでも作業を始めることができるようになりました。これにより、ディテールを掴むために十分なポリゴンを含めることを心配する必要がまったくなくなりました。

jameswcain-01 jameswcain-02

Sculputris Proを使用すれば、簡単にサーフェスにブラシを使うことができます。 Sculptris Proは、いつでもどこでもダイナミックにポリゴンの追加減少を行い、目指す仕上がりに存分に集中できるようにします。

プリミティブ投影

ユニークなデフォーマであるプリミティブ投影は、メッシュのリシェイプ、サーフェスへのカットイン、別なメッシュからの構築などのために、複数のプリミティブを使用することができます。プリミティブ投影は、複数のジオメトリを融合させるための新しいユニークな方法を用意するだけでなく、球体のようなシンプルなものから、それをロケット、自動車、飛行機、人間の胸部、その他多くのものに変化させることができます。

 

POLYGROUPIT

ring-animZBrush 2018では、PolyGroup Itが提供されます。これは、スムーズなワークフローには欠かすことのできないポリゴンのグループ化を、まったく新しい方法で作成します。 PolyGroup Itは、モデルの形状をリアルタイムで正確に評価し、ワンクリックでスマートなグループ化を生成します。PolyGroupの作成はこれまで、やさしいとは言えませんでした。PolyGroup Itを使用することで、PolyGroupを削除、追加、コピー&ペースト、拡張または縮小、シンメトリに作成することや、さらにPolyPaint(ポリペイント)を使えば、あなたがまさに見たいと思っているPolyGroupを描画することができます。

 

ZBRUSH 2018に追加されたその他の機能

  • Curveモードの弾性オプション
  • Curveモードの液状オプション
  • Equidistant Gizmo Mesh Duplication
  • 描画サイズの記憶
  • 描画サイズ用
  • Dynamicモードの記憶
  • Tessimate ジオメトリ
  • Normal アルゴリズムによる新しいPolyGroup
  • 3D プリントハブ用の出力サイズ増大
  • SculptrisPro用の新しい Snake Hook ブラシ
  • スタートアップ・デフォルト・ マテリアルの保存オプション
  • QuickSaveで、ついにあらゆるハードドライブへの保存が可能
  • ユニークログインサポートが附属した、新しいアクティベーションおよびライセンス管理システム
  • HDジオメトリのレベルが示されている場合、最高位のサブディビジョンレベルからディスプレイスメントマップを作成

gizmo-01GIZMO 3D

GIZMO 3Dは、スカルプトを精確に、操作、変形を行う事ができる、新しい、シンプルなUIエレメントをアーティストに提供します。ギズモ 3Dは、正確な変形を実行するために、任意の場所または向きに簡単に配置できます。ピボットポイントを移動、スケール、または回転のために即座に変更することができます。サーフェスの法線軸またはワールド軸などを基準に回転するオプションなどがあります。

 

gizmo-02複数のサブツールで一度に変形する

新しいギズモ 3D変形ツールは、サブツールの複数選択と操作を可能にします。必要な数のサブツールを選択し、ユニットとして移動、拡大縮小、回転させます。これにより、ハードサーフェスモデルのポージングもさらに簡単になりました。

 

deformationst_hallway

デフォメーション

ZBrush4R8は、新しいデフォメーションモデファイアを使って簡単にあらゆるスカルプトを大きく広範囲に調整します。Bend on Curveモディファイアを使用して曲面に沿ってテキストを曲げたり、任意の軸に沿って彫刻をひねる事もできます。任意のモデルの全体的なシルエットを調整するには、フリーフォームデフォメーションボックス(FFD)を使用します。また、ExtenderやMulti-Sliceのようなユニークで強力なデフォーマも含まれています。

 

primitivesインタラクティブなプリミティブ

シンプルなジオメトリーシェイプから素早くデザインできます。アーティストは、シェイプがサーフェスに適用された後でも、シェイプと定義されたジオメトリを自由に調整できます。滑らかな円柱を八角形に変換、球体を平らな柱に調整、円錐をピラミッドに変更など、リアルタイムで実行できます。このシステムを使用すると、いくつかのプリミティブを彫刻可能なシェイプライブラリにする事ができます。

 

alpha3d3Dアルファ

ボタンをクリックで、どんなスカルプトや形状でも2Dアルファに変換できます。一度シェイプやスカルプトモデルをキャプチャすれば、アルファを再配置、調整、任意の軸に対し回転させることができます。これはサーフェススカルプトのために、ユニークで異なるアルファを作成するための高速かつ、インタラクティブな方法です。

 

honeybear t_pablo_nunez_bear

マルチベクターディプレスメントマップ

インサートマルチメッシュ(IMM)ブラシと似た、新しいマルチ ベクター ディプレスメントメッシュ システムは、さまざまなベクターディプレスメントメッシュを使用し、即座にそれらを替えることができる、カスタムブラシを作成できます。

オーバーハングを作成するために表面に掘り込むだけでなく、1度のブラシストロークで裏面まで含めた、複雑なオブジェクトを描画することができます。重なり合ったドラゴンの鱗をテクスチャリングすることや、完全に形成された耳をモデル毎に再スカルプトすることなく、描く事ができると想像してみてください。

 

t_lazystrokeストロークを継続できるレイジーマウス 2.0

レイジーマウスシステムは、滑らかで正確にコントロールされたストロークを描画できるように設計されました。あたらしいレイジーマウスは、結果をサーフェスに適用する前に、任意のストロークの角度、長さを導くことができます。ストロークパスがおなじ場所をなぞり重なった際に、ビルドアップさせずに、一貫した高さレベルでストロークを維持することもできます。

パターンのデザインを破壊する事なく、繋がった状態でをスカルプトしたいと思ったことはありませんか?レイジーマウスに追加された新しいレイジースナップは、ストロークを開始し、停止しモデルの回転をしても、ブラシパターンを壊すことなく中断した位置からブラシストロークを再開することを可能にします。

 

t_cki_vang_guardian

IMMセレクター:ブラッシュコンテンツ管理

新しいブラウザのおかげで、インサートメッシュブラシとマルチベクターティプレスメントメッシュブラシと共に保存されたメッシュを選択するのがさらに簡単になりました。このセレクタは、インターフェイスの上部に表示され、メッシュをスムーズに閲覧できます。このシステムにより、左右にすばやくスワイプすることで、アーティストは挿入されたメッシュを別のメッシュにリアルタイムで切り替えることができます。

ブラシの作成では、ブラシの内容を別のブラシにコピー、ペースト、削除することが可能になりました。

 

キャプチャ

3Dテキストとベクターシェープ作成

ZBrush 4R8には、リアルタイムで3Dテキストを作成するための完璧なジェネレータが搭載されました。これにより、単語や短いフレーズを3Dで作成することができます。 またその他にも、SVGファイルを使用して、オリジナルのカスタムロゴを作成し、サーフェス上に配置することもできます。

新しいライブブールシステムと組み合わせることで、この3Dテキストクリエイターは、簡単にサーフェスにテキストを掘り込みまたはエンボスするのを可能にします。新しい強力なデフォーマのおかげで、テキストの調整や、ロゴのシルエットを変更するのも容易です。

 

languages

多言語サポート

ZBrush 4R8は、英語、中国語(簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、スペイン語で利用できます。ある言語から別の言語にいつでも切り替えることができます。公式にサポートされている言語以外にも、他の人と共有できる独自のカスタム翻訳を作成することも可能です。

* ZBrushインターフェイスはこれらの言語に翻訳されていますが、Pixologicのカスタマーサポートは英語のみです。

 

t_lightbox

3Dコンテンツ付きの新しいライトボックス

ライトボックスはアーティストに、以前のZBrushセッションで作業していたファイルを閲覧する機能を提供します。また、「Go To Folder」オプションも追加されています:ワンクリックでライトボックス内でファイルシステムを直接ナビゲートするソリューションです。

ZBrush 4R8には、もともとZBrushCore用に作成された新しいスタートアッププロジェクトとマテリアルが付属しています。これらの新しいプロジェクトには以下が含まれます:

  • ジュエリーリングとペンダント
  • 四足獣の新しいベースメッシュ
  • 3D印刷のためのアセットは、どんなアーティストでも始めることができ、より詳細に何かに彫刻することができます どんなアーティストでもここから始められる、より細かくスカルプトできる3Dプリント用アセット

他の新機能と併用するのに効果的な、いくつかの新しいブラシとマテリアルも追加されました。

 

ui-desk

ユーザーインターフェイスの更新

Unicodeテキストが完全にサポートされ、名前に英語以外の文字を使用できるようになりました。これはまた、UIの拡大縮小がテキストサイズを拡大するようになり、昨今の高解像度ディスプレイに対応していることを意味します。

 

 

dynameshZSPHEREダイナメッシュモード

スカルプトのためにZSpheresを使ってベースメッシュを作成することは、より合理的になりました。ZBrush 4R8では、ZSpheresからポリメッシュを作成する際、均等にポリゴンを配分し、スカルプトし易く人気のDynaMeshシステムをデフォルトで使用されます。ZSpheresを使用した素早くベースメッシュを生成し、技術的な問題や、ポリゴンの身長を心配することなく、サーフェイスを押したり、引いたりし続けられます。もちろん、元々のアダプティブスキンシステムを特定のモデルに使用したい場合は、従来どおり使用することができます。

 

alphastreaks

アルファストークス

アルファストリークモードは既存のアルファに新しいルックを与えます。アルファにランダムストリークを適用することにより、アーティストはモーションブラーに似たユニークなブラシストロークを作成することができます。アルファステークスは、どんなアルファにも完璧な「絵筆」の様なフィーリングも与えます。

 

press

ブラッシンの拡大

ペンの筆圧でアルファの倍率を調整できます。軽いタッチで一定のアルファパターンを維持しますが、強い筆圧でアルファに拡大効果を加えます。逆も可能です。この機能により、1つのアルファを作成し、ペンの筆圧だけで表面に沿ってパターンを変えることができます。

 

zbtopscc

プラグインアップデート

3D Print Exporterが新しい3D Print Hubプラグインに置き換えられました。このプラグインは、あらゆる3Dプリントの愛好者に、エクスポート設定を完璧に保存して共有する機能や、ワンクリックでFormLabs PreFormソフトウェアにエクスポートする機能を提供します。エクスポートサイズを更新するときは、新しいDimension Checkウィンドウを使用してサイズが正しいか確認してください。

新しいScale Masterも追加され、センチメーター、ミリメーター、インチ、またはフィートなど、実世界の寸法をZBrushで簡単に設定できます。また、すべてのサブツールを含むスカルプト全体のサイズをワンクリックで簡単に変更することもできます。

scalemaster

あたらしいZBrush to Photoshop CCプラグインを使用して、BPRレンダーパスを強化できます。このプラグインを使用すると、さまざまなレンダーパスや、Photoshop CCに個別のレイヤーとして書き出されるいくつかのマテリアルオプションを自由に選択できます。

これらはすべてZBrush 4R8のデフォルトに含まれで自動的にインストールされます。

 

sculpteo

ZBRUSH TO SCULPTEO

モデルを3Dプリントすることが非常に簡単になりましたPixologicの新しいZBrush to Sculpteoプラグインを使用すると、ボタンをクリックでモデルをSculpteo(オンラインプリントサービス)に直接送ることができます。ポリペイントは、必要に応じて頂点カラーとして含めることができます。プラグインは複数のSculpteoアカウントと匿名アップロードもサポートしています。

 

goz

GOZ アップデート

GoZ はModoとMayaの最新バージョンをサポートするように更新されました。

Modo for GoZは、Foundryによって更新およびサポートされるようになりました。あなたのFoundryアカウントにログインして、最新のGoZ for MODO アップデートをダウンロードしてください。

このアップデートでサポートされるMayaのバージョンは、Maya 2015、Maya 2016、Maya 2016.5、およびMaya 2017です。GoZ for Mayaにはその他、多くの追加機能が追加さてています。Pixologicは、GoZ for Mayaのアップデートおよびサポートを引き続き提供します。

  • ZBrush のポリペイントをMayaに送ることができます。
  • すべてのポリグループはMaya選択セットとして維持されます。Mayaで作成された選択セットは、ZBrushのPolygroupに変換されます。
  • ZBrushからテクスチャファイルを送信するだけでなく、MayaのテクスチャファイルをZBrushに送り返すことができます。
  • 重いメッシュでは最大10倍高速化されました。
  • Maya NGonsは正しくテッセレーションされ、ZBrushにエクスポートされます。
  • GoZ MayaはMental Rayレンダラをデフォルト設定されなくなりました。
  • GoZはMaya C ++プラグインになりました。

ZBrush 4用のプラグインがダウンロードできます。

■ ZBrush 用プラグインに関してはこちらのDownload Centerをご覧ください。

Windows

推奨構成

  • OS:Windows Vista以降(64bit版)
  • CPU:Intel i5/i7/Xeon もしくはAMD 同等品
  • メモリー:8GB以上(16GB以上推奨)
  • ペンタブレット: Wacom もしくは同等品 (WinTab API.)
  • モニター:解像度1920×1080以上、32bitカラー対応モニター
  • HDD: 100GB以上の空き容量 Zbrush本体および仮想記憶ディスクとして使用(SSD推奨)

最小構成

  • OS:Windows Vista以降(64bit版)
  • CPU:Intel PentiumもしくはAMD 同等品
  • メモリー:4GB以上(6GB以上推奨)
  • ペンタブレット: Wacom もしくは同等品 (WinTab API.)
  • モニター:解像度1280×1024以上、32bitカラー対応モニター
  • HDD: 8GB以上の空き容量 Zbrush本体および仮想記憶ディスクとして使用

 

ZBrush 4 Mac OS X

推奨構成

  • OS:Mac OS X 10.8以上
  • CPU:Intel i5/i7/Xeon
  • メモリー:8GB以上(16GB以上推奨)
  • ペンタブレット: Wacom もしくは同等品 (Carbon API.)
  • モニター:解像度1920×1080以上、32bitカラー対応モニター
  • HDD: 100GB以上の空き容量 Zbrush本体および仮想記憶ディスクとして使用(SSD推奨)

最小構成

  • OS:Mac OS X 10.8以上
  • CPU:Intel Pentium以上
  • メモリー:4GB以上(6GB以上推奨)
  • ペンタブレット: Wacom もしくは同等品 (Carbon API.)
  • モニター:解像度1280×1024以上、32bitカラー対応モニター
  • HDD: 8GB以上の空き容量 Zbrush本体および仮想記憶ディスクとして使用

トライアルでは、機能制限なしで45日間ZBrush 4R7を使用出来ます! このトライアルは、インポート・保存・エクスポートなど、すべての機能をフルに活用できます。 更に、ZBrush to KeyShot Bridgeのトライアル版も使用することができます。

是非この機会に、この素晴らしいアプリケーションをお確かめください!

-トライアル登録ページ- http://pixologic.com/zbrush/trial/

-トライアルの始め方- http://www.pixologic01.com/zbrush/trial/zbrush-trial-installation.mp4 なお、ZBrushの詳細については、以下のヘルプから確認する事が出来ます。

更にZBrushを習得する為、専用のチュートリアルビデオのあるZClassRoomをご覧ください。

-オンラインヘルプ- http://docs.pixologic.com/

-ZClassRoom- http://pixologic.com/zclassroom/homeroom/

日本語での手順書が欲しい場合は書籍の用意もございます。

-ZBrushマスター- http://www.borndigital.co.jp/book/2018.html
-ZBrushプロテクニック- http://www.borndigital.co.jp/book/3493.html

ZBrush 通常製品版 販売価格
"製品名" 本体価格 備考
ZBrush 2018 スタンドアロン \105,000 ※日本語ユーザーガイドは別売です。
ZBrush 2018 フローティング \105,000 ※日本語ユーザーガイドは別売です。※フローティングライセンスシステム所有者向け
ZBrush 2018 アップグレードfrom ZBrushCore \94,000 ※日本語ユーザーガイドは別売です。
フローティングライセンスシステム(フローティング化) \160,000 ※ライセンスサーバシステムのみの価格です。 ※別途ZBrush本体が10ライセンス以上必須。 ※法人のみ
ZBrush 4 日本語ユーザーガイド \8,000
-

※価格は税別です。

ZBrush 教員&学生版 販売価格
"製品名" 本体価格 備考
ZBrush 4R8 Windows/Mac アカデミック版 \82,000 ※日本語マニュアルは別売です。
ZBrush 4 日本語マニュアル \8,000
-

※価格は税別です。 ※教育機関版も下記同意書をご使用ください。

【学生版購入申請書ダウンロード】

製品の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ