Products 製品情報

トップページ製品情報Redshift Render

Redshift Render [Redshift]

Redshift Render

製品概要

世界初のGPUバイアスレンダラ
驚くほど高速なプロフェッショナル レンダリングを提供します。

 

Redshiftは、現代のハイエンドプロダクションレンダリングの要求を満たすために構築された世界最速のレンダラの一つです。コンピューティング性能とGPUを効率的に活用することで、Redshiftは劇的にレンダリングを高速化し、その結果、迅速なイタレーションと低コスト化を実現します。クリエイティブな個人から。あらゆる規模のスタジオまでサポートするように作られたRedshiftは、業界標準のアプリケーションと統合されており、強力な機能を提供します。

  • お問い合わせ
  • 製品の購入
cube13 speedometer26 electronic61
GPU バイアス レンダラ 圧倒的なスピード 複数のGPUをサポート
近似と補間法による、超高速なレンダリングとノイズ低減を経験してみてください GPUアクセラレーションレンダリングのパワーを活用し、迅速なイテレーションであなたのアイデアを形にしてください。 マシン内のすべての互換性をもつGPUを利用します。モデルや世代が異なる場合でも利用できます。
 computer32  line18  crowd
アウトオブコア レンダリング ノードベースのシェーディング プロキシ&インスタンス
VRAMの制限を超える場合、システムRAMを利用できます。 フォトリアリスティックまたは高度に様式化されレンダリングを強力かつ柔軟なシェーダーシステムを介して実現します。 数十億ものポリゴンを、クラッシュやメモリーエラーをする事なくレンダリングします。
 movie36  layer8  refresh57
カメラモード AOVサポート 無制限のアップデート
パースペクティブからVRのためのステレオ球状まで、すべてのカメラモードにアクセスできます。 ディープコンポジティングに適した、標準および高度な出力のArbitrary Output Variables(任意の出力変数)をサポートしています。 最高のパフォーマンスと互換性を確保するために、有効なメンテンアンスを介して、最新のビルドにアップデートでいます。

DCCアプリケーションのサポート

メディア&エンターテイメントのための業界標準の3Dコンテンツ作成アプリケーションと密接に統合されています。Redshiftは1ライセンスですべてのホストアプリケーションプラグインを使用できます。

redshift_support_tools

 

Redshiftを使用しているクライアント

世界中の何千ものクリエイティブプロフェッショナルと業界をリードするスタジオに使用されています。

clinant

Redshiftギャラリー
より多くのギャラリーはRedshiftウェブサイトご御覧ください。

Fusion TIFF Fileblue_district_schirkoa1_1200_504blue_district_schirkoa2_1200_504chair_A_v03_1200_675Chair_B_v04_1200_675

interior3_1200_754imredux-b1_1200_675imredux-a1_1200_6751_1200_675apoptosis_1200_675Dodge_Viper_Redshift_1200_1144Lamborghini_side_01_w3_lowREZ_logo_1200_676TWS14_EP17_Still02_1200_675TWS14_EP16_Still02_1200_675scOpen_Night_001_1200_675

Redshiftは、世界初のフルGPUアクセレーション、バイアスレンダラです。

Redshiftは既存のCPUベースのレンダラーよりも、何倍も高速にシーンをレンダリングします。
時間とコストを節約し、あなたの創造性を解き放ちます!

biased-rendering

バイアス レンダリング
Redshiftはバイアス レンダラです。Redshiftは近似と補間技術を使用し、比較的少数のサンプルでノイズのない結果を、ノンバイアスレンダリングより、はるかに高速に達成します。

Redshiftは、以下を含むいくつかのバイアスド グローバルイルミネーション技術をサポートしています。

  • ブルートフォースGI
  • フォトンマッピング(コースティック)
  • イラディアンスキャッシュ(イラディアンスマップとファイナルギャザーに類似)
  • イラディアンスポイントクラウド(インポートンとライトキャッシュに類似)

あなたのシーンに最適な技術を選択できます。

instancesアウトオブコア アーキテクチャ
Redshiftは、ビデオメモリに収まらない、大規模なシーンのレンダリングを可能にするために、ジオメトリやテクスチャにアウトオブコア アーキテクチャを採用しています。

一般的なGPUレンダラーの問題は、ビデオカードのVRAM容量による制限です。この制限により、ジオメトリーおよび(もしくは)テクスチャがビデオメモリに全て収まるシーンしかレンダリングできず、数百万ものポリゴンとギガバイト単位のテクスチャを使用する、大規模なシーンをレンダリングする際、問題となります。

しかしながら、Redshiftを使用すれば、既製のハードウェアで、事実上無制限の数のポリゴンとテクスチャのシーンをレンダリングすることが可能です。

プロキシとインスタンス
Redshiftは、ジオメトリのインスタンス化をサポートしており、草や木のような、オブジェクトを何度も繰り返し使用する、大規模なシーンを効率的に、メモリオーバーヘッドを起こさずにレンダリングすることが可能です。

またRedshiftは、ジオメトリプロキシをサポートしており、前にエクスポートしたジオメトリをメモリにのみ読込み、レンダリング時、必要な際にシーンに配置します。プロキシを使用すると、ホストDCCアプリケーションにロードされないであろうシーンでもレンダリングすることができます。通常のジオメトリのように、Redshiftプロキシはインスタンス化し、数十億のインスタンス化したポリゴンのシーンをレンダリングすることができます。

1クリックでプログレッシブレンダリング
Redshiftは、GIのパス事前処理を待つことのない、便利かつインタラクティブにシーンをプレビューする、プログレシブレンダリングモードを提供します。このモードは、プログレシブリファイメントを使用し、継続的に品質を改善しながら、ドラフトクオリティの結果を瞬時に表示します。

強力なシェーディングとテクスチャリング
Redshiftは、複雑なシェーダーネットワークをサポートする、柔軟なノードベース シェーダシステムを使用しています。サーフェス、フォトン、エンバイロメント、ライト、レンズシェーダのサポートだけでなく、BRDFライティングモデルも同様にサポートし、Redshiftは、フォトリアリスティックや高度に様式化されたエフェクトを達成するためのパワーと柔軟性を提供します。

フォトリアリズムを目標とする場合、Redshftは、物理的に正確なサーフェイスシェーダ、物理的に正しいライト、フォトメトリックライト(IES)および、フィジカルスカイ&サン システムを提供しています。

サンプリングの最適化
Redshiftは、パフォーマンスを犠牲にする事なく、ノイズのない結果を達成するため、様々なヒューリスティックに基づいて、レンダリング全体で使用するサンプル数を自動的に調整する最適化を行います。

最終結果は、必要される場所はより多くのサンプルが採取され、少ない利益しか得られない場合は、より少ないサンプルが採取されます。

レンダリング中も作業が可能
Redshiftは、GPU上で動作し、最小限のCPUリソースのみを使用するため、あなたのマシンはレンダリング中も応答性を保ちます。

DCCツールとの緊密な統合
Redshiftは、シームレスにジオメトリ、カメラ、ライト、マテリアルやホストアプリケーションの他の関連プロパティーを変換し、学習曲線を最小限に抑えます。Redshiftは、ホストDCCアプリケーション内でダイレクトに動作します。DCCアプリケーションのネイティブレンダラのように使用することができます。

Redshiftは、現在Autodesk Maya (2011以降)、Autodesk Softimage (2011以降)、Autodesk 3ds Max (2013以降)へのプラグイン統合がされており、Windows 64bit (XP以降)とLinux 64bit (glibc 2.12以降)で動作します。

またRedshiftは、SideFX Houdini (R14、R15.0、R15.5)へのプラグイン統合がされており、
Windows 64bit (XP以降)とLinux 64bit (glibc 2.12以降)で動作します。
※現在α版にて提供

ハードウェアの互換性
Redshiftは、CUDAの計算能力2.0以上、VRAM 1GB以上のNVIDIA GPUを必要とします。

あなたのNVIDIA GPUの計算能力は、下記URLで確認ができます。
https://developer.nvidia.com/cuda-gpus

OpenCLのサポートは、将来のリリースで予定されています。

体験版:
体験版は下記Redshifウェブサイトより申請ください。
https://www.redshift3d.com/demo

開発元:
Redshift Rendering Technologies Inc.
web:https://www.redshift3d.com/

インストール・サポート:
https://www.borndigital.co.jp/support/faq/othersoftware/redshift/

日本語マニュアル(外部リンク)|作成/翻訳: 北口 量也 氏
https://redshiftjp-82d62.firebaseapp.com/

 

 

_________________________________________________________

Q:Redshiftのハードウェア要件は何ですか?

A:Redshiftは、CUDAの計算能力2.0以上、VRAM 1GB以上を搭載したNVIDIA GPUを必要とします。

CUDAの計算能力3.5以上、VRAM 3GB以上を備えたNVIDIAのGPUを推奨します。
特定のNVIDIAカードの計算機能の詳細については、https://developer.nvidia.com/cuda-gpusをご覧ください。

KeplerbベースのNVIDIA GeForce GTX 670、 GTX 680、 GTX 770、 GTX 780 および GTX TITAN や、NVIDIA Quadro K5000 および K6000でRedshift高いパフォーマンスを発揮します。Quadroのカードは高価ですが、対応するGTXより多くのVRAMを含む構成でご利用いただけます。より多くのVRAMは、大規模なシーンをレンダリングする際に、パフォーマンスを向上させることができます。

より新しい、MaxwellベースのGeForce GPU、NVIDIA GeForce GTX 750Ti、GTX970, GTX980、 GTX980TiやTITAN X も同様に高いパフォーマンスを見込めます。注意:GTX970 GPUに関しては、技術的な問題により、Redshiftは4GBすべてのVRAMを認識する事ができません。約3.5GBに制限されます。

最新世代のPascalベースのGeForce GPU、NVIDIA GeForce GTX 1070、GTX 1080もRedshiftはサポートしています。しかしなが、これらのGPUのCUDAドライバーはまだ完熟していないことに注意してください。

_________________________________________________________

Q:RedshiftのためにどのようなGPUを購入したらいいですか?

A:本文書を書いている2015年7月時点で、最高の価格/性能比は、NVIDIA GTX 980Ti 6GBが提供しています。ハイエンドでは、TITAN XとのQuadro M6000 GPUが、優れた性能と12GB VRAMを提供しており、非常に膨大なポリシーンをレンダリングするユーザーに最適です。ローエンドでは、GTX970が手頃な価格で優れたパフォーマンスを提供しています。

_________________________________________________________

Q:Redshiftは、CPUの性能に依存していますか?

A:Redshiftは、GPUレンダラーであるため、主にGPU性能に依存しています。しかしながら、レンダリング中には、CPUやディスク、ネットワーク性能に依存する特定の処理が発生する段階があります。Softimage/Maya/3ds Maxからのメシュデータの抽出、テクスチャのディスクらの読込み、GPUで使用するシーンデータの準備が含まれます。シーンの複雑さにより、これらの処理はかなりの時間を要する場合があり、ローエンドのCPUでは、レンダリングパフォーマンス全体のボトルネックとなる場合があります。

Redshiftは、最新かつ最高のCPUを必要としませんが、インテルCore i5のような少なくともミッドレンジクアッドコアCPUを使用することをお勧めします。

CPUが4つ以上のGPUを制御するか、一度に複数のフレームをバッチレンダリングする場合、インテルCore i7プロセッサーなどの高性能のCPUを推奨します。

_________________________________________________________

Q:Redshiftは、1つのマシン上で複数のGPUをサポートしていますか?

A:はい、Redshiftは、コンピューター上のすべてのGPUを使用する(デフォルト)もしくは任意の一部のGPUを使用するように設定することが可能です。同一もしくは異なる世代の異なるGPUが混在する、容量が異なるメモリ構成でも使用可能です。(例:GTX TITAN + 1 GTX 970)Redshiftは、セッションあたり、最大8GPUをサポートしています。

_________________________________________________________

Q:Redshiftは、複数のGPUを使用する場合、メモリを組み合わせ使用しますか?

A:残念ながら違います。例えば、2GB GPUと6GBのGPUがコンピュータに搭載されている場合、合計使用可能メモリは8GBではありません。この場合、2GBのGPUが6GBのGPUメモリーを使用することはできません。これは、現在のGPUテクノロジの制限であり、Redshiftに起因するものではありません。そのため、メモリ容量が同等のビデオカードの組み合わせお勧めします。

Redshiftは、十分なVRAMを持っていない、ビデオカードのメモリ使用に役立つ、アプトオブコア レンダリングをサポートしています。(詳細は下記参照)これは、他のGPUレンダラーとは異なり、上記の説明のようなシステム上、最も低いGPUによる制限を受けずに、最大限可能な限りのシーンをレンダリングすることを可能とすることを意味します。

_________________________________________________________

Q:アウトオブコア レンダリングとは何ですか?

A:Redshiftは、アウトオブコアレンダリング機能を有します。これは、(あまりにも多くのポリゴンやテクスチャがシーンに含まれることなどによる)GPUメモリーが不足した際に、代わりにシステムメモリを使用する事を意味します。しかしながら、状況によりパフォーマンス低下が見込まれるため、影響を最小限にするために、可能な限り多くのVRAMを搭載するGPUを使用することを推奨します。(テクスタなど)特定のタイプのデータは、アウトオブコアレンダリングで非常に高いパフォーマンスで動作します。これにより、たとえ、4Kや8Kのテクスチャを数十も使用する(GB単位のデータ)場合でも、非常に高いレンダリングパフォーマンスを期待できます。

_________________________________________________________

Q:Redshiftはどのレンダリングマネーザーをサポートしていますか?

A:RoyalRender、Deadline、およびRenderPal はネイティブでRedshiftをサポートしています。Redshiftがデフォルトで、1つのフレームをレンダリングする際に、すべてのGPUを使用するように動作するように、これらのレンダーマネージャーは同様に、各フレームを異なるGPUを組み合わせで、複数のフレームを一度に(同じコンピューター上で)レンダリングする機能を提供します。

_________________________________________________________

Q:RedshiftはOpenCLをサポートしていますか?

A:いいえ、Redshiftは、計算能力を2.0以上の互換カードを使用したCUDAのみをサポートしています。

OpenCLのサポートは、将来のリリースで計画しています。

_________________________________________________________

Q:Redshiftのソフトウェア要件は何ですか?

A:Redshiftは、Windowsでは、64ビット版の XP、Vista、7、8、10と互換性があります。

Redshiftは、Linuxの64ビットバージョン(glibc2.12以上)と互換性があります

Redshiftは、Autodesk Softimage(2011以降)、Autodesk(2011以降)、およびAutodesk 3ds Max(2013以降)の64ビット版と直接統合されています。

Redshiftは、SideFX Houdini R14.0、R15.0とR15.5とも統合されています。※2016年9月現在アルファ版での提供

Maxon Cinema4Dプラグインは現在開発中です。

Mac OSXのサポートは、将来のリリースで計画されています。

_________________________________________________________

Q:システムがRedshiftと互換性があるかどうかはどのように確認できますか?

A:NVIDIA GPUと共に、Autodesk Maya、3ds Max、SoftimageをWindowsで使用、もしくはMayaをLinuxで使用している場合、Redshiftを使用できる可能性があります。ご検討中の方には、システムの互換性と、機能およびパフォーマンスを確認するために、購入前に無償体験版をご利用いただくことを推奨します。

_________________________________________________________

Q:各3Dアプリケーション用のプラグインは別々に購入する必要がありますか?

A:いいえ、Redshiftのライセンスには利用可能なプラグインを含みます。追加費用は発生しません。

_________________________________________________________

Q:ノードロックライセンスを別のコンピュータに移設できますか?何回可能で、どのくらいの時間がかかりますか?

A:Redshift Licensing Toolを使用して、コンピューター上からRedshiftライセンスのディアクティベーションと、他のコンピュータでの再アクティベーションが可能です。ライセンスディアクティベーションと再アクティベーションは、簡単に行えますが、インターネット接続が必要です。ライセンスが有効化されると、インターネット接続は必要とされません。Redshift ライセンスのディアクティベーションと再作アクティベーションは何度でも行えます。ディアクティベーションと再アクティベーションにより、ユーザーはRedshiftライセンスを会社と自宅のコンピューター間で共有することも可能です。

※ネットワークライセンスの場合ライセンスサーバー変更申請が別途必要です。

オペレーションシステム

  • Microsoft Windows: 64-bit Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10
  • Linux: 64-bit distribution with glibc 2.12 以降
  • MacOS: El Capitan (10.11) 以降

3D アプリケーション

  • Autodesk Maya (Windows): 64-bit 版 2011 以降
  • Autodesk Maya (Linux and MacOS): 64-bit 版 2014 以降
  • Autodesk Softimage (Windows): 64-bit 版 2011 以降
  • Autodesk 3dsMax: 64-bit 版 2013 以降
  • Maxon Cinema4D (Windowsもしくは MacOS): 64-bit 版 R16 以降
  • SideFX Houdini (Windows, Linux もしくは MacOS): 64-bit 版 14.0 以降
  • Foundry Katana (WindowsもしくはLinux): 64-bit 版 2.5v4 以降

最小構成

  • システムメモリ:8GB
  • CPU:SSE2 対応プロセッサー (Pentium4 以上)
  • ビデオカード:CUDA計算能力2.0以上、VRAM 2GB以上のNVIDIAビデオカード
  • シングル GPU構成

推奨構成

  • システムメモリ:16GB 以上
  • CPU: Core i7 もしくは 同等のXeon 3.0GHz 以上
  • ビデオカード:CUDA計算能力5.0以上、VRAM 4GB以上のNVIDIAビデオカー
  • マルチGPU構成

GPUのCUDA計算能力は、下記NVIDIAウェブサイトでご確認ください。
https://developer.nvidia.com/cuda-gpus

製品価格
製品名 メーカ希望小売価格 BD参考
販売価格
備考
Redshift ノードロックライセンス オープン ¥65,000 初年度メンテナンス込み
Redshift ネットワークライセンス オープン ¥78,000 初年度メンテンナンス込み、最低ライセンス数5ライセンス以上
Redshift ノードロックメンテナンス更新
(1年間)
オープン ¥32,500
Redshift フローティングメンテナンス更新
(1年間)
オープン ¥39,000

 

※価格は全て税抜き表記です。

Readshiftはマルチプラットフォームライセンスです。1ライセンスで3ds Max、Maya、Softimage、Houdini、Cinema4D、Katanaのプラグインをご利用いただけます。プラットフォーム毎に別途購入いただく必要はありません。

注意:Redshiftは、CUDAの計算能力2.0以上、VRAM 1GB以上を搭載したNVIDIA GPUを必要とします。購入前に必ず動作環境を確認ください。

フローティングライセンスに関する注意:
Redshiftのライセンスサーバーは物理的なサーバーである必要があります。仮想環境のサーバーは使用することができませんのでご注意ください。ライセンスサーバーの移設は、年1回まで可能です。

製品の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ