Products 製品情報

トップページ製品情報新着情報Autodesk|新しいライセンス体系への移行を発表

新着情報

Autodesk|新しいライセンス体系への移行を発表

Autodesk|新しいライセンス体系への移行を発表

オートデスク株式会社は2016年2月1日以降に販売する単体ライセンスをDesktop Subscription(期間限定ライセンス)でのみ提供すると発表しました。

現在行われているキャンペーン
≫Autodesk Maya & 3ds Max関連のキャンペーンはこちら
≫AutoCAD LT製品に関するキャンペーンはこちら

以下オートデスク株式会社webサイトより抜粋
———————————————————————————————–

ソフトウェアの新しいライセンス体系への移行計画
について

オートデスク株式会社は、2016 年 2 月 1 日以降に販売する単体ソフトウェア製品を「Desktop Subscription」(デスクトップ・サブスクリプション)でのみ提供します。
Desktop Subscription は、使用期間を選択して利用できるライセンス体系です。当社は 2014 年から Desktop Subscription を提供してきましたが、今後はそのラインアップを増やしながら提供形態を移行していきます。なお、具体的なスケジュールは今後販売店様などを通じてお知らせする予定です。

Desktop Subscription を利用していただくことにより、導入と管理を効率的に行うことが可能になり、業務ワークフローに新しいテクノロジを導入する際の負担を低減させることができます。また、初期費用を抑えながら必要に応じた使用期間を選択することもできますので、ニーズに合わせた運用方法やコスト管理を行えるようになります。

当社はこれにより、導入・管理・機能拡張・購入手続きなどの簡素化を実現していきます。また、複数端末からのアクセス性向上、クラウド サービスとの連携の向上、異なるデータファイル形式の互換性向上などにも引き続き取り組みます。

2016 年 2 月 1 日より前に購入された永久ライセンスは引き続きご利用いただけます。また「Maintenance Subscription」(メンテナンス サブスクリプション、注 1)に契約していただいているお客様には引き続き該当するサービスを提供します。そして「Cloud Service Subscription」(クラウド サービス サブスクリプション、注 2)も継続して提供します。

  • 注 1:永久ライセンスに付帯できるオプション サービス。技術サポート、機能アップデートなどを提供。
  • 注 2:ストレージ、コラボレーション、レンダリング、解析などの機能をクラウドで提供するオプション サービス

米オートデスク社 インダストリー ストラテジー & マーケティング担当上級副社長 アンドリュー・アナグノストのコメント
「今日、設計やものづくりの方法が変化しています。企業がこうした変化に対して機敏に、柔軟に、そして有効に対応すれば、業界をリードする立場を確立できると考えています。お客様はアプリケーションへの投資に、より高い柔軟性と価値を求めています。これに対して当社は、今後のサブスクリプション形態への移行によりこのご要望に対応し、そしてアプリケーションやサービスを利用していただく体験/エクスペリエンスの向上と、幅広いテクノロジを利用できる環境を提供します。今回の変更はおよそ 1 年後から開始します。当社は今回の計画について可能な限り透明性を保ちながら、お客様とパートナー企業が受ける影響を低減して円滑に移行していただけるように努めていきます。」

Desktop Subscriptionとは

製品の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ