Books 書籍

トップページ書籍スコット・ロバートソンのHow to Draw

書籍基本情報

スコット・ロバートソンのHow to Draw

スコット・ロバートソンのHow to Draw

オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法

発売日:2014年5月下旬

著者:スコット・ロバートソン(Scott Robertson)、トマス・バートリング(Thomas Bertling)
定価:本体4,000円 + 税
翻訳:株式会社Bスプラウト
発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-226-8
総ページ数:208 ページ

サイズ:A4変形版(229 × 279 mm)

書籍の購入はこちらから
  • Born Digital Store
  • WORKS
  • Amazon.co.jp
  • Yodobashi
  • Seven Shopping

※書店でお買い求めの際には、予め在庫をご確認ください。

※PDF書籍に関しては書店販売を行っておりません。

主要取扱い店舗>>

書籍サポート

アーティストの想像の中に存在するオブジェクトやシーンを実現可能なドローイングとして描く方法をスコット・ロバートソンが教えます。

見たものを見たままに描くことと、想像の中にあるオブジェクトを実現可能なものとしてビジュアルで表現することとは異なります。業界のプロを数多く輩出しているアート・センター・オブ・カレッジのコースデザイナーを務め、豊富な経験を持つスコットが、経験と実績に裏打ちされた教授方法で、ドローイングを教えています。

デザイナーを目指す人にも、すべての経験レベルのアーティストにも必須の書籍になることでしょう。

目的にあった遠近法による描画テクニックは、インダストリアル・デザイナー、アーキテクト、イラストレーター、コンセプトアーティストなど、さまざまな業界・分野で応用できます。

【目次】
CHAPTER 01 画材とスキル
CHAPTER 02 パースの基礎知識
CHAPTER 03 パース画のテクニック
CHAPTER 04 グリッドの構築
CHAPTER 05 楕円と回転
CHAPTER 06 ボリュームの表現
CHAPTER 07 環境を描く
CHAPTER 08 航空機を描く
CHAPTER 09 車を描く
CHAPTER 10 描画のスタイルと画材
本書は「How to Draw: Drawing and Sketching Objects and Environments from Your Imagination」(Design Studio Press刊)の日本語版です。

本書籍で、スコットが解説しているのは以下の動画のようなドローイング(線画)を遠近法で描く方法です。また、書籍内の線画の描き方も随所に動画が用意されています(説明は英語です)。

スコット・ロバートソン(Scott Robertson)
アート・センター・カレッジ・オブ・デザイン エンターテインメントデザイン学科 元学科長
デザイナー、執筆者、教育者、共同プロデューサー

スコットは18 年以上にわたり、最高のカレッジレベルでデザイン、線画、仕上げの方法を教え、カリキュラムを作成してきました。本書は、彼が独自に培った、揺るぎない専門知識によって描画の方法を示し、伝えています。スコットは、デザインおよびコンセプトアートに関する11 冊の書籍を執筆あるいは共同で執筆者しています。さらに、The Gnomon Workshop 社との共同製作で40 本を超える教育用DVDをプロデュースしており、そのうち9 本がスコット自身の講義です。以前は、自らが立ち上げに協力したアート・センター・カレッジ・オブ・デザインのエンターテインメントデザイン科でチェア(学科長)を務めていました。世界中の企業やカレッジからの要望に応えて、あるいはスコット自身が運営するワークショップ(SRW)を通して講演や講義を行っています。

活躍の場は教育にとどまりません。スコットは、ホットウィール(Hot Wheels)のテレビアニメシリーズ「Hot WheelsBattle Force 5」の車両やエイリアンのデザインから、フロリダ州オーランドにあるユニバーサルスタジオのライド「Men in Black」などのテーマパークのアトラクションまで、さまざまなプロジェクトに参加しています。スコットの顧客リストには、BMWの子会社であるDesignworksUSA 社、Bell Sports 社、Giro 社、Mattel 社、Spin Master 社、Patagonia社、長編映画「マイノリティ・リポート(原題:Minority Report)」、Nike 社、Rockstar Games 社、Sony Online Entertainment社、Sony Computer Entertainment of America社、Buena Vista Games社、THQ社、Fiat社などが名を連ねています。

スコットのプライベート作品および仕事関連の作品はスコットのWeb サイト(www.drawthrough.com)またはブログ(www.drawthrough.blogspot.com)で閲覧できます。
スコットの近況については、以下のサイトで知ることができます。
Facebook:www.facebook.com/scott.robertson.005

 

 

トマス・バートリング(Thomas Bertling)
アート・センター・カレッジ・オブ・デザイン、エンターテインメントデザイン科 ディレクター
デザイナー、エンジニア、教育者

トマスは、インダストリアルデザイナー兼エンジニアとして、輝かしい経歴の持ち主です。顧客には、Walt Disney 社、Samsung 社、Whole Foods Market 社といった多彩な企業が名を連ね、最先端の革新的な医療設備から、参戦可能な軍用車両まで、ポートフォリオには各市場で製品化されたデザインが幅広く掲載されています。実務経験を通して培
われた専門知識により、デザイン教育者としての高い評価だけでなく、独特の手法と並外れた先鋭性を獲得しています。
大学生および企業を対象に、遠近法によるスケッチから構造図まで、さまざまなレベルの指導によって培った豊かな経験に基づき、実用性と応用性に直結した、実績ある統合的なカリキュラムを考案しています。現在は、アート・センター・カレッジ・オブ・デザインのエンターテインメントデザイン科のディレクターを務めるかたわら、教員を対象としたトレーニングも行っています。

トマスの個人的な作品およびプロとして制作した作品は、彼のWebサイト(www.thomasworks.com)で閲覧できます。






書籍の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから
  • ワークスコーポレーションのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ