Books 書籍

トップページ書籍「CGPro Insights」Maya実践ハードサーフェスモデリング

書籍基本情報

「CGPro Insights」Maya実践ハードサーフェスモデリング

「CGPro Insights」Maya実践ハードサーフェスモデリング

プロップと背景から学ぶワークフロー

発売日:2015年2月下旬

著者:北田 栄二
定価:本体4,600円 + 税

発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-263-3
Cコード:C3055

総ページ数:404 ページ
サイズ:B5版、フルカラー

書籍の購入はこちらから
  • Born Digital Store
  • WORKS
  • Amazon.co.jp

※書店でお買い求めの際には、予め在庫をご確認ください。

※PDF書籍に関しては書店販売を行っておりません。

主要取扱い店舗>>

書籍サポート

数々の大作映画やゲームのプロジェクトに参加してきたCGモデラー、北田 栄二氏のテクニックとマインドセットが、書籍になりました。

業界の最前線で得た知識とは?
プロとして活動するために必要なこととは?

これまでの活動を振り返り、この2つを自問自答しながら制作した、プロップと背景2つのモデル。本書のために制作したこの2つの制作例を交えながら、プロダクションフローにおけるアセット作成、データ整理、データ管理、プロダクションワークフローに適したモデル作成術、テクスチャ作成術、リニアワークフローにおけるルックデブ(質感設定)などを紹介しています。

映画、CM、ゲームシネマティクス、フル3D アニメーションなどプリレンダリングを行うことを前提とし、ハリウッド映画で実際に扱うようなアセットを例に、実際のワークフローを追いかけます。

また、「コンセプトアートからどのようにモデリングを行うか?」「写真素材からモデリングを行う場合はどうするか?」「モデリングを行う前の準備、テクスチャを描く前の準備は?」といった、実際に作業にかかる前のノウハウ、ワークフローに乗せるためのノウハウなども取り上げています。

ソフトウェアやツールの使用方法の説明は最小限に絞り込み、考え方やワークフローで大切なことを解説することに重点を置いています。ソフトウェアの操作やオプションの噛み砕いた説明は行っていませんが、本書を出発点として学ぶことで、学生や新人アーティストもステップアップし、よりプロフェッショナルな知識と技術を習得できるようになるはずです。

=====
本書は現場の第一線で活躍するプロが執筆する、CG Pro Insightsシリーズの第一弾です。
シリーズ第2作、3作にもご期待ください
=====

SPECIAL THANKS (ご協力いただいた方々:順不同・敬称略)

プロップ編 コンセプト提供: 田島 光二
背景編 コンセプト提供: 富安 健一郎
表紙レタッチ: 原島 順
HDRI 提供 R&D 協力: 株式会社ロゴスコープ – Logoscope Ltd. 亀村 文彦
山岸 辰哉(CGアーティスト)
茂庭 祐介(CGアーティスト)
リグ: Eske Yoshinob
アニメーション: 黒岩 光絵
ソフトウェア(MARI)提供: 岩元浩志(The Foundry)
=====

はじめに
本書の概要

Part 1.プロップ編
1 章 モデリング基礎知識
1.1 モデラーに求められる役割
1.2 モデリングに必要な2つの要素と1つのプラスα
1.3 モデリングの基本
1.4 サブディビジョンモデリングとソリッドモデリング
1.5 不正ポリゴンとは?
1.6 三角ポリゴンの扱い
1.7 1/2の法則
1.8 穴あけの法則

2 章 モデリングの基礎知識 番外
2.1 Creaseを用いたモデリングとOpenSubdiv
2.2 Good Modeler and Bad Modeling

3 章 これだけは押さえておきたいモデリングツール
3.1 Mayaのモデリングツール

4 章 プロップ:モデリング
4.1 モデリングを始める前に
4.2 スケールチェック
4.3 ラフモデルの作成
4.4 ディテールモデルの作成
4.5 汎用パーツを利用したブラッシュアップ

5 章 プロップ:UV
5.1 UDIMとは
5.2 UVの組織化とUV 展開
5.3 UVレイアウト
5.4 データ整理とモデルのクリーンアップ

6 章 テクスチャペイント:基礎知識
6.1 ルックデベロップメントとレンダリング環境
6.2 テクスチャを描く前に
6.3 テクスチャアーティストに求められる役割

7 章 プロップ:テクスチャペイント
7.1 ペイントの実作業
7.2 UDIMテクスチャノード

8 章 レンダリング
8.1 レンダリングは光のシミュレーション

Part 2.背景編

9 章 モデリングを始める前に
9.1 コンセプトアートをアセット別に解析する
9.2 ラフモデルの作成
9.3 ディテールモデルの作成とその手順

10 章 スケールとディテール
10.1 背景モデルのキャッチシャドウとリフレクションハイライト

11章 UVレイアウト
11.1 ランディングビルを用いたUV 展開、レイアウト作成例
11.2 まとめ

12章 背景:テクスチャペイント
12.1 2Dペイントと3Dペイント
12.2 テクスチャワークフロー
12.3 3Dペイントを用いたテクスチャペイント

13 章 背景モデルのルックデブとレンダリング
13.1 V-Rayを使ったシェーダの設定
13.2 レンダリングと配置

14 章 汎用パーツを利用したディテールの追加
14.1 シーンの考察
14.2 ドレスアップと仕上げ






コンピュータ総合学園HAL 大阪校を卒業。大阪の映像プロダクションを経て上京、Modeler/Texture Artistとしてスクウェア・エニックス ヴィジュアルワークスへ移籍。

2009 年10 月に同社を退社し、以降フリーランスのDigital Artistとして国内外で活動を開始。2010年から活動の場をオーストラリアに移し、シドニーのAnimal Logic、Dr. D Studios でSurfacing Artistとして勤務。

2011 年11 月よりシンガポールのDouble Negative Visual Effects へ移籍し、2014年11月に帰国。2015年1月からModelingCafe福岡支社代表に就任。幸せな家庭を築くため、世界に通用するDigital Artistを目指して武者修行中。

<代表作品>
映画:
『The Heart of the Sea(2015年全米公開予定)』
『The Hunger Games: Mockingjay – Part 1(ハンガー・ゲーム2 パート1)』
『Godzilla(ゴジラ)』
『The Hunger Games: Catching Fire(ハンガー・ゲーム)』
『Fast & Furious 6(ワイルド・スピードシリーズ)』
『Les Misérables(レ・ミゼラブル)』
『Total Recall(トータル・リコール)』
『The Bourne Legacy(ボーン・レガシー)』
『The Dark Knight Rises(ダークナイト ライジング)』
『Happy Feet Two(ハッピーフィート 2)』
『Legend of the Guardians: The Owls of Ga’Hoole(ガフールの伝説)』
『永遠の0』
『THE NEXT GENERATION パトレイバー』

ゲームシネマティクス:
『Kingdom Hearts Birth By Sleep』
『FINAL FANTASY XIII versus』
『FINAL FANTASY Ⅶ ADVENT CHILDREN COMPLETE』
『Kingdom Hearts2 Final MIX+ 』
『FINAL FANTASY XIII』
『FINAL FANTASY XII』

アニメ:
『新劇場版 エヴァンゲリヲン 序』
『新劇場版 エヴァンゲリヲン 破』

購入者特典データは、書籍の内容の理解を深め、学習目的で利用いただくことを目的として、ご提供しております。それ以外の目的ではご利用いただけません。あらかじめご承知おきください。
解凍に際しての情報は、本書の「ダウンロードデータご利用上の注意」に記載しています。

リンクをクリックするとダウンロードが開始されます。

1) Part 1 プロップ編-1 (約2.6GB)
2) Part 2 背景編 (約2.2GB)<V-ray 2.4を使用。なお、scenesフォルダ内にはmental rayレンダラに置き換えたバージョンも入っています。V-rayをお持ちでない方は、_mrが末尾に付いたファイルをご利用ください。>
3) マテリアル (約36.5MB)

■3月14日以前にダウンロードされた方向け、追加ファイル

追加) Part 2 背景編:mental rayバージョン、シーンファイルのみ (約29.5MB)
mental rayレンダラに置き換えた、背景用シーンファイルのみ(テクスチャなどは不要の方)が必要な方は、こちらをダウンロードしてください。上記の2)には、同じファイルが既に含まれています。シーンファイルの格納場所が分からない方は、再度2)のファイルを取得し直してください。

ダウンロードファイル ご使用上の注意

  • ダウンロードファイル含まれるコンテンツファイル及び素材データ ファイルの著作権は、それぞれのファイル制作者に帰属します。
  • ダウンロードファイルに含まれる全てのファイルは、本書利用者に独占的な使用を認めるものではありません。本書のレッスンを学習する場合にのみ、使用することができます。
  • 著作権者の書面による了解なしに、一部または全データ ファイルを、無償有償に関わらず、第三者へ配布をすることはできません。全てのデータは、本書を学習する目的以外で使用することはできません。
  • データファイルを使用することによって生じた偶発的または間接的な損害について、出版社ならびにデータファイル制作者は、いかなる責任も負うものではありません。
  • データファイル使用方法など、技術サポートは提供しておりません。
書籍の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから
  • ワークスコーポレーションのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ