KATANA [Foundry]

  • ライティング
  • ルックデブ
  • 3DCG
  • レンダリング

製品概要

ルックデベロップメントおよびライティング作業をきわめて効率的に、そしてコラボレーションワークをスムースに行えるKatana®は、ユーザーのクリエイティブな可能性を広げ、今日最も要求の厳しいCGレンダリング プロジェクトに必要とされるスケーラビリティを提供します。

強力なノードグラフ

ルールベースの操作

Hydraによるビューポート

ライティングプロダクションのためのツールセット

テンプレートマテリアル

高い効率のコラボレーティブワークフロー

強力なノードグラフ

コラボレーションと再利用は、Katana®のルックデブロプメントとライティングの時間を短縮し、効率化するための考えの中心にあります。 ノードグラフを使用して、アーティストはレシピに似た一連の順序付きステップを定義します。 これらのレシピは、他のチームメンバーと共有することも、プロジェクトの他の部分に再利用することもできます。

ライブグループ

ライブグループは、ノードグラフの一部をグループ化して公開、それらを共有または再利用のために保存するための堅牢で強力なメカニズムを提供します。 参照システムと同様に、これらのグループのバージョンを管理し、使用されている場所に変更を公開することができます。

アーティストの生産性向上

ルールベースの操作

Katanaでは、手動選択、またはコレクション表現言語(CEL)を使用して、ネーミング、メタデータまたは他の属性に基づいてルールを作成することによって、コレクションと呼ばれるセットにアイテムを収集することができます。明示的な選択の代わりにルールを使用すると、シーンの内容の上流の変更から作業が保護され、柔軟で堅牢なノードグラフテンプレートを構築できます。

アーティスト中心のインタラクティブコントロール

ワーキングセットとインタラクティブレンダーフィルターを使用して、アーティストはビューアー上で作業する際、より高速な体験をできるように、レンダリングのスピード、品質、コンテンツを細かく調整することができます。最終的なレンダリング時に、Katanaはこれらの設定を無視し、アーティストの作業時の最適化設定を出力結果に影響を与えないようにします。

Hydraによるビューポート

Katanaは、最新のグラフィックスカードと連携して大規模な処理を行い、PBRのライティングとシェーディングを可能にするPIXAR USD Hydraテクノロジによる、モダンでパワフルなビューポートを搭載しています。このHydra Power Viewのビューポートは、非常に複雑なデータセットを素早く効率的に処理することができ、アーティストはより高速で正確に作業できるほか、非常に多くのジオメトリと簡単にやりとりできます。

効率的なライティングプロダクション

ライティングプロダクションのためのツールセット

Katanaのライティング制作のためのツールセットは、より時間を節約するように設計されています。ライトの作成、ライトリンク、コンストレイン、ライトフィルタは、ワンコントロールのコントロールパネルから管理できます。大きなライトセットを作成し、単一のアイテムからその強さ、色、およびその他のパラメータを制御できます。階層を作成し、継承ベースのシーケンスライティングを構築することも可能です。

統合された 3Delight レンダリング

完全にインタラクティブなライブレンダリングを可能にするKatana 3.0には、3Delight製のレンダリングプラグインが同梱されています。ライブレンダリングは、ライト、シェーダ、カメラ、ジオメトリ、ボリューム、マテリアル、グローバル設定など、シーンの変化に対応し、アーティストにフォーカスのKatana体験を提供します。ライトミキシングのようなユニークなワークフローは、完成したフレームでインタラクティブにライトを調整しますが、KatanaのGafferThreeライティングツールでは、ライトやライトのグループに直接フィードバックされます。完全にOSLベースのシェーディングエンジンは、KatanaとMayaの両方と互換性があり、DCCアプリケーション間でルックデブロプメントファイルを直接転送できます。

柔軟なルックデブロプメント

ファイルを探す

ルックファイルは、アセットのテクスチャリングとシェーディングをジオメトリとは別に保存し、それぞれのバージョンを独立してバージョンアップして更新することができます。これによりルックデブチームはライティングチームと並行して作業が可能です。

テンプレートマテリアル

テンプレートマテリアルは、再利用のするためにマテリアルライブラリとして簡単に保存することができます。親マテリアルで設定されたパラメータを継承する子としてのマテリアルをインスタンス化する機能とともに、制作全体にわたって高品質で一貫した外観を確保するのに役立ちます。

パイプラインとカラーマネージメント

OCIOカラー管理

業界標準のOpenColorIO(OCIO)カラーマネージメントは、Katanaのすべての画像操作で適応されます。これにより正しい色空間で確信を持って作業することができます。 Katana同様、OCIOはSony Pictures Imageworksで開発されました。

スクリプト言語の選択

ILMのImathのような強力なライブラリに加えて、Python、Lua、およびC ++のサポートにより、あらゆるレベルのパイプライン開発者に大きな柔軟性がもたらされます。Pythonスクリプトエディタには、コーディングや学習に役立つ豊富なタブ補完システムがあります。 検索可能な開発者ドキュメントと組み合わせることで、ユーザーはより迅速に作業を進めることができます。

最新の動作環境はメーカーウェブサイトをご確認ください。

サポートされているオペレーティングシステム

  • Windows7 以降(64ビットのみ対応)
  • Linux 64ビットOS (RHEL 6.8+ & CentOS 7+)

ハードウェア要件

  • デュアルコアプロセッサー
  • 1GB 以上のハードディスク空き容量(インストール時)
  • VRAM1GB 以上
  • 800 x 600ピクセル以上の解像度を持つディスプレイ
  • OpenGL 4.3以上