トップ » BOOK » スクウェア・エニックスのAI

スクウェア・エニックスのAI

著者:スクウェア・エニックス

定価 5,500円(本体5,000円+税10%)
発行・発売 株式会社 ボーンデジタル
ISBN 978-4-86246-601-3
総ページ数 336ページ
サイズ B5正寸、オールカラー
発売日 2024年7月下旬
電子版 準備中

本書の特徴

とにかく、わかりやすく! 目標としたのは、日本で最もわかりやすいゲームAIの本。スクウェア・エニックスでAI開発に携わるスタッフたちの「なるべく平易に ゲームのAI について知ってほしい」という思いから始まった1冊。

「各章前半は「誰にでもわかる」ように書かれています。各章後半は読み応えのある「専門性の高い内容」となっています」
三宅陽一郎(執筆者代表)

>> サンプルPDF:冒頭24ページ(*「もくじ」「PART1:ゲームAI」の一部)を こちらでご覧いただけます

【推薦コメント】
「日本のおもてなし精神とゲームAIの共鳴!」
岩谷 徹(ゲームクリエイター/ゲームAIの父)

「これから訪れるメタバース時代のための実践AI教科書である」

栗原 聡(人工知能研究者/慶應義塾大学理工学部教授)

「ゲームにはAIの全てが詰まっている。理論と実践で多大なインスピレーションを得るだろう」
真鍋大度(アーティスト・DJ・プログラマ)

  • SQEAI_01
  • SQEAI_02
  • SQEAI_04
  • SQEAI_06

目次

■PART1:ゲームAI
キャラクターの定義
ナビゲーションメッシュ
経路探索、ステアリング、回避
ナビメッシュの拡張
3Dナビゲーション
プランニングを用いた意思決定システム
キャラクターAIとアニメーション

■PART2:キャラクターインタラクション
感情AIを巡る旅:AIは実際に感情を感じているのか?
自然言語処理

■PART3:メタAI
「感情を揺さぶる」メタAI
シューティングゲームのメタAI
卓球ロボットのメタAI
メタAIの効果検証
メタAIとゲームUX
メタAIの展望

■PART4:ディープラーニング
スタイルトランスファー
機械学習による自動リップシンク アニメーション
深層学習によるキャラクターアニメーションの生成

■PART5:AIによる品質保証の自動化
QAにおけるゲームAIの使用
バックエンド・システム
バグの分類とデータ分析

■座談会
TALK1:若手メンバー編 – AI部から生まれる新しいゲームの可能性
TALK2:セクションリーダー編 – 研究者たちが描く「ゲームxAIの未来像」

編集部のオススメ本