Maya [Autodesk]

  • シミュレーション
  • 3DCG
  • モデリング
  • エフェクト
  • アニメーション
  • レンダリング

製品概要

Maya コンピュータ アニメーション ソフトウェアとともに生み出す映像表現

Maya® は 3D アニメーション、モデリング、シミュレーション、レンダリング用ソフトウェアです。パワフルな統合ツールセットが用意されており、アニメーション、環境、モーション グラフィックス、バーチャル リアリティ、キャラクタの作成に活用できます。

制作パイプライン全体でアーティストを支援することに重点を置いたAutodesk®Maya®2020は、アニメーター、モデラー、リガー、テクニカルアーティストの作業をより速く、より直感的にするだけでなく、創造的なプロセスをより楽しくする新しいツールを提供します。

  • Maya 2019で導入された強力なアニメーション機能に基づいて、2020リリースでは、アニメーターが日々の作業で役立つ60を超える更新が追加さています。
  • Maya 2020に含まれているArnold 6は、CPUとGPUの両方でプロダクションレンダリングに使用できるようになりました。
  • パフォーマンスの大幅な改善、キャッシュされた再生のサポート、およびMPMクロスコンストレインにより、Mayaのビジュアルプログラミング環境であるBifrostがさらに強力になりました。

Maya 2020 オーバービュー

Arnold でレンダリング

広がりのある世界、複雑なキャラクタ、魅力的なエフェクトを作成

  • アニメーション ツールを使用して、リアルなキャラクタに生命を吹き込むことができます。
  • Maya® の直感的なモデリング ツールセットを使用して、3D のオブジェクトやシーンを作成できます。
  • 爆発から布や織物のようなテクスチャまで、シミュレーションでリアルなエフェクトを作成できます。

Maya で本格的な Bifrost プロシージャル エフェクトを作

  • ダイナミック ソルバを使用した新しいビジュアル プログラミング環境で、大ヒット映画並みのエフェクトをすばやく作成できます。
  • Bifrost グラフ エディタを使用して、カスタム グラフを構築できます。
  • あらかじめ用意されているグラフを利用して、雪、砂、砂嵐から爆発まで、目を奪われるようなエフェクトを作成できます。

どんなに複雑なプロジェクトでも Arnold でレンダリング

  • 複雑なキャラクタや景色、ライティングのレンダリングも、パワフルに対応します。
  • Maya に統合されているため、高画質プレビューが可能です。繰り返し変更を加えてもすばやく反映されます。
  • アーティストが使いやすい UI とシンプルで直観的なコントロールにより、作業時間を短縮できます。

 

Maya 2020 Bifrost MPM Cloth Constraints

Maya 2020 Audio Settings

Maya 2020 Layered Dynamics Caching

Maya 2020 Retopologize

Maya 2020 Matrix Driven Workflows

ダイナミクスとエフェクト

Bifrost のプロシージャル エフェクト

ダイナミック ソルバを使用した新しいビジュアル プログラミング環境で、大ヒット映画並みのプロシージャル エフェクトをすばやく簡単に作成できます。

すぐに使えるグラフ

あらかじめ用意されているグラフを使用して、雪から砂嵐まで、美しいエフェクトをすぐに作成できます。

Bifrost 流体シミュレーション

フォトリアルな液体をシミュレートしてレンダリングできます。

ヘアのインタラクティブ グルーミング

ヘアとファーをリアルに見せる束エフェクトで、より自然なヘアを再現できます。

ディープ アダプティブ流体シミュレーション

Bifrost 液体用の新しいアダプティブ ソルバにより、必要な部分だけを高詳細なレベルでシミュレーションできます。

Bifrost 海洋シミュレーション システム

波、波紋、航跡を使用してリアルな海面を作成できます。

Maya nCloth

リアルで変形可能な素材を作成できます

Bullet Physics

リジッド ボディとソフト ボディのリアルなシミュレーションを作成できます。

3D アニメーション

キャッシュ プレイバック

ビューポート 2.0 でアニメーションをすばやく再生できるようになりました。アーティストはビューポート内でアニメーションのレビューを行えるため、プレイブラストの作成が必要となる場面が大幅に低減します。

多面体ボクセル バインド

完成レベルの高品質なバインド済みキャラクタを短時間で制作できます。

一般的なアニメーション ツール

キーフレーム、プロシージャ、スクリプトによるアニメーション用のツールセットです。

タイム エディタ

非破壊的なクリップベースのノンリニア エディタを使って、アニメーションの高度な編集を行えます。

シェイプ オーサリング ワークフロー

キャラクタやアニメーションの微調整を、よりすばやく簡単に行うことができます。

アニメーションのパフォーマンス

処理速度が向上し、シーンをさらに迅速に作成できるようになりました。

リグの並列評価

統合されたパフォーマンス プロファイラで、リグの再生や処理速度が向上しました。

パフォーマンス キャプチャ

新しい Butterworth フィルタとキー削減フィルタにより、アニメーション カーブの微調整が簡単になりました。特にモーション キャプチャ データの使用時に威力を発揮します。

3D レンダリングとシェーディング

美しい作業環境

Arnold が更新され、ビューポート 2.0 でのプレビュー表示が最終的な Arnold のレンダリング結果にさらに近づきました。時間を浪費することなく創造性を発揮できます。

Maya に統合されている Arnold

Arnold の RenderView を使用すると、ライティング、マテリアル、カメラなどのシーン変更をリアルタイムで表示できます。

ルック デベロップメント用ハイパーシェード

複雑なシーンのシェーディングが簡単に行えます。

カラー管理

効率的なライブラリによってポリゴン ジオメトリに対するブール演算の処理時間が短縮され、信頼性が高まります。

3D モデリング

UV エディタのワークフローとインタフェース

UV エディタのインタフェースに、優れたツールや機能性を備えた新しい UV ツールキットが搭載されました。

改良されたスカルプティング ツールセット

モデルのスカルプトや形状の作成をより芸術的かつ直感的に行うことができます。

ポリゴン モデリング

効率的なライブラリを使用するとポリゴン ジオメトリに対するブール演算の処理時間が短縮し、信頼性が高まります。

OpenSubdiv のサポート

インタラクティブなワークフローでパフォーマンスを高速化します。

モーション グラフィックス

MASH ノード

MASH ツールセットに、カーブ、シグナル、ワールド、プレーサなどのノードが新たに追加され、既存のノードにも更新が行われています。

3D テキスト

ブランディング、フライング ロゴ、タイトル シーケンスなど、テキストを使用したプロジェクトを作成できます。

ベクター グラフィックス ワークフローの改善

SVG ファイルを Maya に読み込んだり、コピー & ペーストできるようになりました。

モーション グラフィックス ツールセット

インスタンス化されたオブジェクトを使って、複雑なプロシージャ エフェクトとアニメーションをすばやく作成できます。

パイプラインの統合

柔軟なパイプライン

複雑な制作パイプラインの作成・カスタマイズや Maya の統合が、さらに簡単になりました。

スクリプトと API

Maya スクリプトを作成したり、MEL(Maya Embedded Language)または Python スクリプト言語でプラグインを記述できます。

データとシーンの管理ツール

専用のツールとワークフローを使用して、大規模なデータ セットと重いシーンを管理できます。

よりスマートなデータ管理を実現するシーン アセンブリ ツール

大規模で複雑な世界をより簡単に作成し、プロダクション アセットを個別の要素として管理できます。

Autodesk® Maya® 2020ソフトウェアは、次の64ビット版のオペレーティングシステムでサポートされており、最低でも次の64ビット版ハードウェアを備えたシステムが必要です。

ソフトウェア

オペレーティング システム
  • Microsoft® Windows® 7 (SP1)、Windows® 10 Professional、Windows 10®バージョン1607以降のオペレーティングシステム
  • Apple® Mac OS® X 10.13.x、10.14.x、10.15.x 1オペレーティングシステム
  • Linux® Red Hat® Enterprise 7.3、7.4、7.5、7.6、7.7 WSオペレーティングシステム
  • Linux® CentOS 7.3、7.4、7.5、7.6、7.7オペレーティングシステム
  • Nvidia GRID および VMWare を使用した仮想化ガイド
    ¹ 1 Maya 2020 リリースノートではmacOS Catallaに関するいくつかの既知の制限事項について説明しています。
ブラウザ

オートデスクは、オンラインの補足コンテンツへのアクセスには、次の Web ブラウザの最新バージョンの使用を推奨します。

  • Apple® Safari® Web ブラウザ
  • Google Chrome™ Web ブラウザ
  • Microsoft® Internet Explorer® Web ブラウザ
  • Mozilla® Firefox® Web ブラウザ

免責事項:VMware アプリケーションはネットワークベースであるため、Autodesk Maya for VMware ソフトウェア製品のパフォーマンスは、ネットワークの性能によって異なる場合があります。このソフトウェアには VMware アプリケーションは含まれません。またオートデスクは、VMware アプリケーションに関する問題に対し、直接的なサポートを提供することはありません。VMware アプリケーションの入手と操作に関する質問は、VMware に直接問い合わせる必要があります。

ハードウェア

CPU

64 ビット Intel® または AMD® マルチコア プロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用

グラフィックス ハードウェア

推奨されるシステムおよびグラフィックス カードの詳しいリストについては、次のページを参照してください。

Maya 認定ハードウェア

RAM

8 GB の RAM (16 GB 以上を推奨)

ディスク空き容量

インストール用に 4GB のディスク空き容量

ポインティング デバイス

3 ボタン マウス

オートデスクは、サード パーティのハードウェア ベンダーまたはソフトウェア ベンダーが発行した、本ドキュメントで動作が確認されているとしたソフトウェアまたはハードウェア用(あるいは、ユーザがオートデスク製品と関連して使用する、その他のあらゆるサード パーティ製ソフトウェアまたはハードウェア用)のアップデート、拡張機能、または新バージョンをインストールしたことによって発生した、オートデスク ソフトウェアの不具合または欠陥について責任を負いません。

注: すべてのオートデスク製品の提供物を仮想化できるわけではないことに注意してください。製品を仮想化できるのは、当該提供物のアクセスおよび利用に適用され得る条件によって仮想化が明示的に許可されている場合に限ります。仮想化が許可されている場合、適用され得る条件で規定されるすべての条件と制限が適用されます。オートデスクは仮想化環境での製品の使用に関する情報を提供する場合があります。かかる情報は、お客様の便宜のためだけに「現状有姿」で提供され、エラーや不正確さを含む場合、または不完全な場合があります。オートデスクは、いかなる仮想化環境または仮想化技術でも、製品の使用に関して表明、保証、その他の約束を一切行いません。仮想化が許可され、仮想化することを選択した場合、お客様は、かかる使用に関するすべてのリスク(製品と、サードパーティ製仮想化技術とお客様の仮想化環境のいずれか一方またはその両方との間の非互換性が含まれるがこれに限定されない)を負います。詳細については、オートデスクの利用規約をご覧ください。

シングルユーザー サブスクリプション

製品名 希望小売価格 備考
Maya シングルユーザー サブスクリプション 1カ月間 ¥30,000
Maya シングルユーザー サブスクリプション 1年間 ¥236,000 1カ月ライセンスを継続するより35%お得!
Maya シングルユーザー サブスクリプション 3年間 ¥637,000 1年ライセンスを継続するより10%お得!

※全ての価格は税抜き表記です。

シングルユーザーライセンスは、利用権が個人に紐付くライセンス方式です。
利用するユーザーが固定されていれば、複数台にインストールする事が可能ですが、異なるユーザーが1つのライセンスを共有する事はできません。

マルチユーザー サブスクリプション

製品名 希望小売価格 備考
Maya マルチユーザー サブスクリプション 1年間 ¥413,000
Maya マルチユーザー サブスクリプション 3年間 ¥1,115,000 1年間ライセンスを継続するより10%お得!

※全ての価格は税抜き表記です。

マルチユーザライセンス (旧:ネットワークライセンス) は、お客様の社内環境にライセンス管理用のマシン(ライセンスサーバと呼ぶことがあります)を構築して、お客様の社内ネットワーク内でライセンスを管理をするライセンス方式です。