DTP検定

DTPクリエイターのセンスと技術力を認定する資格制度

DTP(Desk Top Publishing)が、企画・編集・デザイン・印刷はもちろん、企業におけるプレゼンテーションや資料・文書作成など幅広い分野で活躍し、その工程をドラスティックに変えています。すでに雑誌や書籍、パンフレットやカタログなどあらゆるメディア制作にも取り入れられ、もはやDTPで作られていない印刷物を探すのが難しいくらい普及しています。

それだけに、DTPを修得した実力あるクリエイターは慢性的に不足しています。即戦力となりうる人材は常に現場で熱望されていますが、その実力を客観的に判断するのが非常に難しいのが現状です。それに応えるために登場した資格制度が、DTP検定です。

このDTP検定は、職種別に2つのコースを用意していることが特徴です。企画・編集職や広報職向けのディレクション(DTPII種)、社内外向けの資料を作る営業職や事務職をはじめ、すべてのビジネスマンに向けたビジネス(DTPIII種)です。このように、想定するシチュエーション別に検定内容を分けた、より実践的な資格制度になっています。

出版・広告・印刷などメディア業界はもちろん、あらゆるビジネスシーンで自分のセンスと技術のステータスになるDTP検定は、本当の意味で技能を身につけている実力派の証明といえる検定なのです。

こんな方におすすめ!

ディレクション:印刷物制作の全行程を総合的に管理・監督するディレクター、編集者、広報宣伝担当者など印刷物制作の責任者/ビジネス:文書作成を必要とするすべてのビジネスマン

実施概要

【資格の種別】

①ディレクション
印刷物制作の全行程を総合的に管理・監督するディレクターとしての能力を評価する資格です。仕様や表現方法の決定、スタッフ選定をおこない、原稿や素材データ作成、レイアウト作成、出力・印刷・加工などの場面で的確に判断・指示・確認できることが求められます。印刷物制作の責任者だけでなく、印刷物制作に関する総合的な知識を身につけたい方にも最適です。
②ビジネス
社内資料や企画書、報告書さらには販促チラシなどパソコンでの文書作成が一般的ですが、美しく読みやすいレイアウトの方が訴求力が高いことはいうまでもありません。営業職や事務職をはじめ、すべての業種でクオリティの高い文書・印刷物を作成するための力になる資格です。

【試験概要】

試験日
随時(試験センターの休日以外いつでも受験できます)
試験会場
J-Testing試験センター(全国200か所以上)
問題形式
CBT(Computer Based Testing)方式で4択
受験費用
一般¥10,800(アカデミック¥8,640)
試験時間
ディレクション 90分 / ビジネス 60分
出題数
ディレクション 100問 / ビジネス 60問
合格基準
正解率70%以上
受験資格
特にありません。どなたでも受験できます
資格正式名称
公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 DTP検定
資格有効期限
2年間(資格維持のための継続試験制度あり)

**企業・教育機関での団体受験によるオンサイト試験制度があります

【お問い合わせ】

受験に関する全般的なご質問はお問い合わせフォームからお願いします。受験手続きや会場に関するご質問は、J-TestingのQ&Aやお問い合わせをご覧の上、該当の受付窓口にご連絡ください。

注意事項

目、耳、肢体などが不自由な方へ

車イスで受験される方、体の不自由な方などで各種ケアを必要とされる場合はお申込み時にご連絡ください。なお、試験会場等の設備状況によっては対応できかねる場合があります。

当日の持参品(机に置けるもの)

  • 本人確認資料(身分証明書)
  • 時計

受験の流れ

DTP検定の試験は、J-Testingにより運営・実施されています。 試験は、月曜から日曜までの毎日、J-Testingテストセンター(全国約200会場)にて受験可能です(テストセンターごとに、営業時間や定休日が異なります)。ご都合のよい最寄りの試験会場をお選びください。また、試験は、CBT方式(Computer Based Testing)で実施されます。

DTP検定の試験はJ-Testing試験申込サイトから申し込めます。

①申込

個人受験専用お申し込みページよりお申し込みください。料金のお支払いには、クレジットカード、コンビニエンスストア払い、Pay-easy(ペイジー)決済がご利用いただけます。お申し込み後、申込完了通知がメールで送信されます。

②入金

クレジットカードの場合は、申し込み時に決済が完了します。コンビニエンスストアでのお支払い、Pay-easy決済の場合は、指定の支払方法、期限に従って、料金をお支払いください。

③受験

ご予約いただいた日時・会場へ、直接お越しください。受付の際には、ご自身の身分証明書(免許証など)が必要です。

④結果判定

試験終了後、その場で結果を表示いたします。合わせて、合否結果および得点を記した結果レポートをその日のうちに試験会場にてお渡しいたします。 合格者には、受験日の翌月10日までにPDF形式の「資格登録証」のダウンロード方法を記載したメールをお送りします。

⑤注意事項

一度合格した同一試験を再度受験することは可能ですが、資格認定の証として発行する「資格登録証」は、2回目以降に合格された場合は発行しません。資格登録番号・資格の有効期限は「資格登録証書」に記載された内容が有効となります。

資格継続試験について

「DTP検定」は、社団法人全日本能率連盟の指導のもと、2年ごとに有資格者の資格更新を行い、技能レベルの維持・向上に努めることとなっております。毎年3月と9月に実施しております。対象の方には、2月または8月末にメールで継続試験のご案内をいたします。詳細はご案内でご確認ください。

登録情報(氏名・電話番号・E-mail)に変更がある方は、事務局までメール( kentei@borndigital.co.jp)にてお知らせ下さい。