3ds Max [Autodesk]

  • シミュレーション
  • 3DCG
  • モデリング
  • エフェクト
  • アニメーション
  • レンダリング

製品概要

3D モデリング、アニメーション、レンダリング ソフトウェア

3ds Max® は 3D モデリングおよびレンダリングのためのソフトウェアであり、広大なゲーム世界、設計のビジュアライゼーションにおける印象的なシーン、魅力的なバーチャル リアリティ体験などを創造できます。

3ds Max® なら、プロ品質の 3D アニメーション、レンダリング、モデリングを作成できます。効率的なツールセットを、3D コンテンツやバーチャル リアリティ(VR)コンテンツの品質向上と制作期間短縮にお役立てください。

 

3ds Max® 2019 には、込み入った 3D シーンの作成を迅速化し、ワークフローを高速化する新機能が搭載されました。複雑なプロジェクトでも簡単にコラボレーションしたり、実行できます。

3ds Max 2019オーバービュー

3ds Max Fluids(流体)

モーション パス

キャラクタ アニメーションおよびリギング ツール

3ds Max Fluids(流体)

流体を使用すると、水、油、ハチミツ、溶岩などの液状の物質の物理特性をシミュレートすることができます。また、重力効果、オブジェクトとの衝突、モーション フィールドによるかく乱を再現して目的の結果を得ることができます。

モーション パス

アニメートされたオブジェクトのパスをプレビューできます。変換を使用してビューポートでモーション パスを直接調整することや、スプラインとの間で変換することができます。

キャラクタ アニメーションおよびリギング ツール

CAT、Biped、群集アニメーションなどのツールを利用して、手続き型アニメーションやキャラクタ リギングを作成できます。

一般的なアニメーション ツール

キーフレームおよびプロシージャルなアニメーション用ツールを利用できます。アニメーションの軌跡をビューポートで直接表示したり編集したりできます。

Max クリエーション グラフ コントローラ

作成や変更だけでなく、パッケージ化や共有も行える新世代のアニメーション ツールを使用して、アニメーション コントローラを作成できます。

パーティクル フロー エフェクト

水、火、スプレー、雪などの洗練されたパーティクル エフェクトを作成できます。

簡単なシミュレーション データの読み込み

CFD、CSV、または OpenVDB 形式のシミュレーション データをアニメートできます。

測地線ボクセルとヒートマップのスキニング

より適切なスキンのウェイト付けをすばやく簡単に生成できます。

3ds Max Interactive

3ds Max 向け Arnold

フィジカル カメラ

3ds Max Interactive

VR ビジュアライゼーションの制作に最適な統合ツールを、3ds Max のワークスペースから離れることなく利用できます。

3ds Max 向け Arnold

MAXtoA プラグインが 3ds Max に統合され、Arnold の最新機能を 3ds Max で利用できます。

フィジカル カメラ

シャッター スピード、絞り、被写界深度、露出など、実世界のカメラの設定をシミュレートできます。

ActiveShade レンダリングの改善

インタラクティブ レンダリングを使用して反復作業を高速化できます。

Autodesk Raytracer Renderer(ART)

建築シーンの正確なイメージを作成できます。

新機能 | VR によるシーン レイアウト

3ds Max Interactive の VR 制作機能から直接シーンを編集。更新と同時に 3ds Max に戻してリアルタイムで確認できます。

アセット ライブラリ

パイプライン ツールの統合と改善

スマート アセット パッケージ

最新の UI とワークスペース

アセット ライブラリ

ローカル コンピュータやネットワーク上の 3D コンテンツに単一のビューですばやくアクセスでき、すべてのコンテンツがすぐに検索できます。

パイプライン ツールの統合と改善

機能が拡張され向上した Python と .NET ツールセットにより、さまざまなパイプライン ツールとのより緊密な統合が実現しました。

スマート アセット パッケージ

柔軟で、互いに接続され、設計データの変更にも対応できる、ポータブルなアセットを作成、共有、更新できます。

最新の UI とワークスペース

応答性に優れた最新の高解像度対応 UI で、自分専用のカスタムワークスペースを作成できます。

シーン コンバータ

別のレンダラーにシームレスに移動できます。

新機能 | CivilView のワークフローを更新

CivilView で作成した車両が 3ds Max の物理マテリアルへ対応しました。変換の手間が軽減され、レンダリングが簡単になります。

新機能 | オートデスクのビューアのワークフロー

3ds Max のインタフェースからオートデスクのビューアを直接使用し、モデルの共有やフィードバックの確認をオンラインで行なえます。

新機能 | プロジェクト ツールを更新

柔軟性に優れたフォルダ構成、よりスマートになったプロジェクトの切り替え、カスタム データの保存機能を使って新しいプロジェクトを作成できます。

スプライン ワークフロー

新たに機能が強化されたスプライン ツールを使用して、直感的な操作でジオメトリを作成し、アニメーションを制作できます。

データ チャネル モディファイヤ

モデルから情報を直接抽出して、他の種類の変更を適用するために利用できます。

ブレンド ボックス マップ

1 つのオブジェクトに適用された最大 6 つのマテリアルをブレンドして、継ぎ目をぼかすことができます。

メッシュとサーフェス モデリング

ポリゴン、サブディビジョン サーフェス、スプライン ベースのモデリング機能を使用して、パラメトリック オブジェクトと有機的オブジェクトを効率よく作成できます。

ヘアーとファーのモディファイヤ

カットやブラシなど、選択とスタイリング用のツールを利用して、ヘアーとファーをビューポートで直接操作できます。

新機能 | Open Shading Language のサポート

シンプルな計算ノードから完全な手続き型テクスチャまで、マテリアル エディタ内で Open Shading Language(OSL)マップを作成できます。

新機能 | シェイプのブール演算処理

使い慣れた 3D ブール演算の UI を使用して、2 つ以上のスプラインでパラメトリック ブール演算処理を実行できます。

新機能 | 手続き型木目テクスチャ

Fusion 360 の木目テクスチャをベースに、木目タイプや成長率、仕上げがさまざまに異なる木目テクスチャを作成できます。

Autodesk 3ds Max 2019 は、次の 64 ビット版のオペレーティング システムでサポートされており、最低でも次の 64 ビット版ハードウェアを備えたシステムが必要です。

ソフトウェア

オペレーティング システム

Microsoft® Windows® 7 (SP1)、Windows 8、Windows 8.1 および Windows 10 Professional オペレーティング システム

ブラウザ

オートデスクは、オンラインの補足コンテンツへのアクセスには、次の Web ブラウザの最新バージョンの使用を推奨します。

  • Microsoft® Edge
  • Google Chrome™
  • Microsoft® Internet Explorer®
  • Mozilla® Firefox®

ハードウェア

CPU

64 ビット Intel® または AMD® マルチコア プロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用

グラフィックス ハードウェア

推奨されるシステムとグラフィックス カードに関する詳細な一覧は、「3ds Max 認定ハードウェア」ページを参照してください。

RAM

最低 4 GB の RAM (8 GB 以上を推奨)

ディスク空き容量

インストール用に 6 GB のディスク空き容量

ポインティング デバイス

3 ボタン マウス

オートデスクは、サード パーティのハードウェア ベンダーまたはソフトウェア ベンダーが発行した、本ドキュメントで動作が確認されているとしたソフトウェアまたはハードウェア用(あるいは、ユーザがオートデスク製品と関連して使用する、その他のあらゆるサード パーティ製ソフトウェアまたはハードウェア用)のアップデート、拡張機能、または新バージョンをインストールしたことによって発生した、オートデスク ソフトウェアの不具合または欠陥について責任を負いません。

シングルユーザー サブスクリプション

製品名 希望小売価格 備考
3ds Max 2019 シングルユーザー サブスクリプション 1年間 ¥230,000
3ds Max 2019 シングルユーザー サブスクリプション 2年間 ¥460,000
3ds Max 2019 シングルユーザー サブスクリプション 3年間 ¥690,000

※全ての価格は税抜き表記です。

シングルユーザーライセンスは、利用権が個人に紐付くライセンス方式です。
利用するユーザーが固定されていれば、複数台にインストールする事が可能ですが、異なるユーザーが1つのライセンスを共有する事はできません。

マルチユーザー サブスクリプション

製品名 希望小売価格 備考
3ds Max 2019 マルチユーザー サブスクリプション 1年間 ¥403,000
3ds Max 2019 マルチユーザー サブスクリプション 2年間 ¥806,000
3ds Max 2019 マルチユーザー サブスクリプション 3年間 ¥1,209,000

※全ての価格は税抜き表記です。

 マルチユーザライセンス (旧:ネットワークライセンス) は、お客様の社内環境にライセンス管理用のマシン(ライセンスサーバと呼ぶことがあります)を構築して、お客様の社内ネットワーク内でライセンスを管理をするライセンス方式です。