Books 書籍

トップページ書籍書籍サポート『リアルタイム レンダリング 第2版』

書籍サポート

弊社出版書籍をお買い上げいただきありがとうございます。
弊社出版物に関してのサポート情報をご案内致します。

『リアルタイム レンダリング 第2版』

出荷後に誤植等がみつかり、訂正の必要であることがわかりました。お客様には、ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げ、誤植等、正誤内容を下記のとおりご案内させていただきます。

書籍紹介のWebページは、こちら <<<

38ページ 下から5行目

(誤)    4つの座標をクォータニオンの成分に置きます。

(正)    4つの座標をクォータニオンの成分に置きます。

38ページ 下から2行目

(誤)    上の式は(従って点p)をuq軸を中心として角度2Φだけ回転させます。

(正)    上の式は(従って点p)をuq軸を中心として角度2Φだけ回転させます。

42ページ 下から12行目

(誤)    よく使われる処理は、ある回転sから別の回転tへの座標変換です。

(正)    よく使われる処理は、ある方向sから別の方向tへの座標変換です。

165ページ 6行目

(誤)    Y=0.30R=0.59G=0.11B

(正)    Y=0.30R+0.59G+0.11B

168ページ 19行目の「ρ表記」

(誤)    二重積分と最後の「ρ表記」は

(正)    二重積分と最後の「σ表記」は

175ページ 17行目の「単一値分解」

(誤)    この行列上で「単一値分解」

(正)    この行列上で「特異値分解」

419ページ 下から5行目

(誤)    式12.2で見たように、4次曲線は代数式を使って記述できます。

(正)    式12.2で見たように、2次曲線は代数式を使って記述できます。

429ページ 式12.26

(誤) (正)

489ページ コード

(誤)    14: if(tmax > 0) return (REJECT,0);

(正)    14: if(tmax < 0) return (REJECT,0);

513ページ 下から2行目

(誤)    l=au×av

(正)    l=au×bv

528ページ 式13.53

(誤)    a = (vAB ・vAB) t2    b = 2(l・vAB) t

(正)    a = (vAB・vAB)          b = 2(l・vAB)

647ページ の右の18行目の「単一値分解」

(誤)    「単一値分解」、SVD

(正)    「特異値分解」、SVD

648ページ の右の17行目の「単一値分解」

(誤)    「単一値分解」、SVD

(正)    「特異値分解」、SVD

書籍の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから
  • ワークスコーポレーションのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ