Products 製品情報

トップページ製品情報Houdini

Houdini [SideFX]

Houdini

製品概要

 Houdiniのプロシージャルノードベースのワークフローにより長編映画クオリティの結果を実現しながら、厳しい納期下でより多くのショットを作成可能

 

Houdiniのアーティストフレンドリーなノードベースのワークフローは映画、TVスタジオにおいてあなたやチームのクリエイティビティを強化し、柔軟さと操作性において前例のないレベルを提供しています。Houdiniの深い生産性によりディレクターからのフィードバックに対応し、随時変更することが容易です。

 

★ボーンデジタルよりHoudiniをご購入いただいた方向け特典★
CoverHoudini26月下旬発売予定の『理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-』(608ページ、6,500円+税)をプレゼント!*6月下旬に変更されました。
SideFX公認のHoudini 16対応書籍です。これからHoudini を習得される方に最適内容となっております。

書籍詳細はこちら:
https://www.borndigital.co.jp/book/5985.html

 

さらに!
Houdini マスタークラスへのご招待!
9月3日(日)開催のゲーム「Battilefield1」で活躍したVFXアーティストを迎えてのテクニカルセミナーに無料でご招待いたします。
セミナー詳細はこちら:
https://www.borndigital.co.jp/seminar/5239.html

  • お問い合わせ
  • 製品の購入

Houdiniは組み合わせによりドラマティックで素晴らしい性能を発揮するため、映画、コマーシャル、ゲーム制作に携わるCGアーティストに簡単かつパワフルな3Dアニメーション体験をもたらします。 Houdiniのプロシージャルなノードベースのワークフローにより時間を節約でき、今まで以上にクリエイティブな作業に時間を費やすことが可能になります。そのためより多くのコンテンツを生み出すことができます。モデラー、ライティングアーティスト、キャラクターリガーやアニメーターは、自身またはHoudini FXで作成したビジュアルエフェクト用のレイアウトおよびライティングツールとして使用するにはHoudiniが理想的です。

  モデリング Houdiniにはポリゴン、NURBSおよびサブディビジョンサーフェスモデリングツールなどが含まれています。プロシージャルテクノロジーは堅牢な構造履歴を保持するために、環境のような複雑なモデルを作成するのに使用することができます。
  群衆&ボリューム Cloud FXツールはビルディング、スカルプティング、レンダリング、群衆形成などアーティストフレンドリーな機能を提供します。このワークフローはOpenVDBオープンソースイニシアチブの一環として作成されたスパースボリュームスカルプティングツールが役立ちます。
  アニメーション Houdiniはチャネルエディター、ドープシート、インタラクティブなタイムラインなどのアニメーターフレンドリーな機能を提供します。任意のパラメータにキーフレームを設定、さらに多くの制御のためにHoudiniの高度なモーション編集ツールを使用します。
  キャラクターリギング Houdiniのノードベースのアプローチは、典型的なキャラクターリギングTDに完全に適合しています。キャラクターは、一つのデジタルアセットノードにまとめてアニメーションチームに渡すことができます。
  ライティング Houdiniのライティングワークフローはショットのルックを定義するライトの管理やシェーダーの構築のための柔軟でパワフルな環境を提供します。環境およびGIライトはMantraの物理ベースレンダリングで力を発揮します。
  MANTRA レンダリング HoudiniではMantraと呼ばれる堅牢な組み込みのレンダリングソリューションを使用して、サードパーティーレンダラーの多種多様なカスタムサポートを作成できます。Mantraは特に煙のようなボリュームレンダリングに適しています。
  コンポジティング Houdiniはラフコンプを作るのに最適なノードベースのコンポジターが含まれています。ライティングアーティストは他のコンポジットアプリケーションを使用しているアーティストにデータを送る前にレンダーパスをテストすることができます。
  Houdiniデジタルアセット HoudiniもしくはHoudini Engineを介して他のアプリケーションで使用するためのHoudiniデジタルアセット作成することができます。Houdini FXからアセットを開放し、Houdini Baseで操作できます。
  相互運用性 Alembic、FBX、OBJ、OpenEXRなどを含む様々なフォーマットへのインポートやエクスポートに対応しています。

houdini16_w600 Houdini 16は、映画、テレビ、ゲームのパフォーマンスとスケーラビリティに焦点を当てながら、モデリング、レンダリング、アニメーションツールが強化されました。 新しいネットワークエディタとビューポートのラディアルメニューにより、Houdiniは新たに始めるアーティストにとってより分かりやすく、TDにとってはさらに生産性が向上します。 新しい地形構築、キャラクターリギング、シェーディングのワークフロー、そして数百もの新しいツールと改良により必須の新バージョンとしてリリースされました。

■ユーザーエクスペリエンス

  • 新しいノードネットワークとラディアルメニュー
    使用者に流れるような操作体験をもたらす新しいネットワークエディターは、カスタムノードシェイプ、アラインメントツール、レイアウトツール、「ドット」ノードなどを含むようゼロから再設計されました。

■モデリング

  • アーティストフレンドリーなツールとプロシージャルテクニック
    Houdiniのモデリングツールセットは、新しいブーリアンツール、スムースとPolyFillとともに成長し続けています。これらのツールを使用することで、映画、テレビ、ゲーム、VRで使用するための表面トポロジーを簡単に作成でき、ビューポートでインタラクティブに使用することも、ネットワークエディターでプロシージャルに使用することもできます。

■地形生成

  • ボリュームスライスとヘイトフィールドを使用したアーティスティックなコントロール
    Houdini 16 の地形システムは、プロシージャルノイズ、ペイントまたはマスク機能などにより、地形のレイヤー化と編集を簡単にします。 操作方法は画像合成に良く似ていて、Houdini のワークフローが慣れ親しんできたものに通じることがわかるでしょう。この heightfield (2Dボリューム) による地形データは、流体シミュレーション、群衆エージェント、パーティクル、RBD や破壊、Pyro FX などの衝突形状として、ジオメトリへの変換なしで、動作します。

■ルックデベロップメント

  • 最新のシェーダ構築ワークフロー
    より多くのアーティストがHoudiniのMantraを使ってショットを作り出しています。Houdini 16 の新しいシェーダ作成ワークフローにより、レイヤーの混合やプロシージャルテクスチャツールへのアクセスが容易になりました。Mantra レンダリングにも、SSS (サブサーフェススキャッタリング)、dielectrics (誘電性)、吸収等の BSDF 作成機能改良などにより拡張されました。ゲーム開発向けにはテクスチャベイキングワークフローが改良されています。

■キャラクターアニメーションリギング

  • 筋肉を伴う高度なリギングツール
    Houdiniのアニメーションとリギングツールは、過去数回のリリースで改良されてきました。そして、自動リグツール、筋肉のアーキテクチャ、インビジブルリグにより、Houdini 16は完全なキャラクタワークフローを提供します。新しいバイハーモニックスキンキャプチャはリギングに大幅な時間短縮を、FEM (有限要素法)を元にした筋肉機能はすばらしい結果を提供します。

■ヘアとグルーミング

  • 無制限のコントロール
    新しいヘアとファーのツールにより、縮れ、塊、曲がり、分け、カールなどのアトリビュートのレイヤー化やブレンドが容易になりました。3Dブラシを使ってヘアを切りそろえたり延長したり、マスクを使って効果を限定したり、ペイントツールで、プロシージャル性を保持しつつ、あらゆるアトリビュートをインタラクティブに編集することも可能です。新しいシステムではブラックボックスになっているところがなく、アーティスティックな自由度は無限です。

■オーシャンツール

  • 無制限の新しいオーシャンアーキテクチャ
    波の成分をポイントインスタンスによりレイヤーする機能により、複雑でリアルで継ぎ目のない海洋を簡単かつ優雅に作れるようになりました。Houdini 16により、タイルによるノイズのない無限の海洋面が可能になります。アーティスティックな演出も傑出しており、個々にモデルしアニメーションした主役の波も完全に海洋面と混在できます。

■FLIPフルイド

  • アート的な表現を可能にする流体シミュレーション
    FLIP流体の機能強化には、古典的なウォータークラウニングショットの物理的に正しい表面張力が含まれています。“流体吸引”は、オブジェクトを変形させてもオブジェクトを使用して、流体力学の審美性を向上させるように流体の制御を可能にします。Houdini 16の白波はすべて3Dパーティクルベースで、より豊かでより自然な結果をもたらします。 粘性のあるものには、衝突ジオメトリとどのように相互作用するかを制御する新しいスリップ機能が備わっています。
houdinibadge_w150 Houdini Core  モデラー、ライター、キャラクターリガーやアニメーターのために設計されたHoudiniには合成やモーション編集などの機能が含まれています。Houdini FXで作成したシーンを開くことができるので、Houdini FXをバックエンドパイプラインツールとして使用しレンダリングすることが可能です。
 houdinibadge_w150 Houdini FX Houdini FXはHoudiniの機能を完全に含むだけでなく、さらにビジュアルエフェクトアーティストやテクニカルディレクターのために統合されたパーティクルシステムとダイナミクスを提供する完全製品です。
 engine_badge_150 Houdini Engine Houdini Engineを使用することで、Autodesk®Maya®やCINEMA 4Dなどのデジタルコンテンツ作成アプリケーションやUnity®やUnreal®ゲームエディタにHoudini デジタルアセットをロードすることが可能です。Houdini Engineはレンダーファームへの供給や分散ダイナミクスシミュレーションのバッチ処理を、コマンドラインからバッチモードで実行することができます。
>>Houdini Engine製品情報はこちら
 houdinibadge_w150 Houdini Indie Houdini Indieは、独立系アニメーターやゲームメーカーのインキュベーション段階でHoudiniを使用したい場合に導入いただけるHoudiniのアニメーション、VFXツールすべてを備えた制限付きの商用ライセンスです。
 engine_badge_150 Houdini Engine Indie | 無償 Houdini Engine Indieは制限付き商用ライセンスとしてHoudiniデジタルアセットを他のデジタルコンテンツ制作アプリケーションにロードすることができます。Houdini Engine Indieはレンダーファームへの供給や分散ダイナミクスシミュレーションのバッチ処理を、コマンドラインからバッチモードで実行することができます。
 houdinibadge_w150 Houdini Education Houdini Educationは学校やトレーニングセンターで使用するためHoudini FXの全機能を備えています。Houdini Educationは研究室や教室で使用するために設計され、学生はHoudini Apprentice もしくはApprentice HD で作成したデータのみ開くことが可能です。
 houdinibadge_w150 Houdini Apprentice | 無償 Houdini Apprenticeは学生、アーティスト、ホビーユーザーなどの個人が非商用プロジェクトで使用できるHoudini FXの無償バージョンです。レンダリングサイズ制限、レンダリング画像へのウォーターマークの透かしなどいくつかの機能制限があります。
Houdini Core Houdini FX Houdini Indie Education Apprentice
モデリング check  check  check  check  check
キャラクター check check  check  check  check
アニメーション check  check check check  check
ライティング check check check check check
レンダリング check check  check  check  check
コンポジティング check check  check check check
ボリューム check check  check  check check
Pyro FX  batsu check check  check check
フルイド  batsu check check check check
リジッドボディ  batsu check check check check
パーティクル batsu  check  check  check  check
群衆 batsu  check  check  check  check
クロス ダイナミクス  batsu  check check check check
ワイヤ ダイナミクス  batsu  check check check  check

>>比較詳細はこちらをご覧ください

オペレーションシステム

Windows:

  • Windows 10(64ビット)
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7 SP1
Mac OS X: 

  • Mac OSX 10.10.2 以上(64ビット インテルCPU搭載のMac)
Linux:

  • Ubuntu 14.04 LTS(64ビット)
  • Debian 7.0+(64ビット)
  • RHEL 6+ (64ビット)
  • Fedora 16+(64ビット)
  • Open SUSE 12.1+ (64ビット)
  • CentOS 6+ (64ビット)
  • Mint 13+ (64ビット)

gcc 4.8が必須です。 >> VFX Reference Platform(英語) 注: Windows / linux 32bit版のサポートは終了しました。 全てのプラットフォームにおいて管理者権限でのインストールが必要です。

メモリ

  • 最小4 GB
  • 64ビットOS
  • 流体シミュレーションを行う場合は8 GB以上且つ64ビット推奨

CPU(プロセッサ)

  • 新世代モデル
  • 64ビットAMD もしくは Intel プロセッサ(SSE 以降必須)
  • クアッドコアプロセッサ以上を推奨
  • HoudiniはMMXおよび Streaming SIMD(SSE2)がある場合、それらをサポート

ディスク空き容量

  • インストールに1GB 必須

入力デバイス

  • 3 ボタンマウス必須 ※スクロールホイールがあれば認識されます。
  • Houdiniのブラシベースツール使用にはワコムタブレット推奨

グラフィックカード

  • OpenGL 3対応のグラフィックカードが必須
  • Windows と Linux の場合、OpenGL 3対応グラフィックカードおよびOpenGL 3.3 対応ドライバが必要
  • Mac OSXの場合、OpenGL 3対応グラフィックカードとOSX 10.10.2 以降が必要
  • Houdini 15に対応しているグラフィックカード一覧: Supported Graphics Cards
  • 使用グラフィックカード用の最新ドライバーをインストールすることが非常に重要です。それ以外の場合、表示問題やパフォーマンスの低下を招く可能性があります。
  • グラフィックカードドライバー:NVidia:320以降、AMD:FirePro 12.104.2以降、Intel:10.18.10.3958以降
  • 2GB以上の VRAM 必須。1GB 以下のVRAMの場合、表示エラーが起こりることがあります。
  • 4K(3820×2160)もしくは5K(5120×2880)の高解像度ディスプレイでは最低3GB以上のVRAMが必須です。推奨は4GB以上。
  • 最小 OpenGL バージョン 3.3
  • OpenGLハードウェアアクセラレーターは最適なパフォーマンスのためには必須です。
  • 非ワークステーショングラフィックカードのPCやノートPCで複雑なシーンの作業を行う際にパフォーマンスが低下する可能性があります。
  • Houdini ではDirect3Dのサポートは不要です(全ビューポートとインターフェイスはOpenGLを使用しています)。

Side Effects Software は特定のPCメーカー製品を推奨していません。推奨しているメモリ、CPU、グラフィックカード、VRAMを使用していただければ問題ありません。

モニター

  • 最小解像度:1024×768 推奨解像度:1920×1200(ワイドスクリーン)
  • デュアルディスプレイもしくは1920×1080のシングルディスプレイには2GB以上のVRAM必須
  • 32ビットの色深度(“トゥルーカラー”)必須
  • sRGBをカラープロファイルとして選択するか、モニターのガンマを2.2に調整することを推奨

GPUによる高速化

  • Houdiniは特定のグラフィックカード上でGPUを使用することで劇的にPyro FXや流体シミュレーションのパフォーマンスとスピードが向上します。
  • この機能を使用するにはOpenCLに対応したGPUが必要です。NvidiaではTeslaやQuadro x000シリーズ(FXシリーズではなくQuadro:600、2000、4000、5000、6000)、GeForce 400、500シリーズ。AMDはFirePro(FireGLではない)やRadeon 5000、6000、7000シリーズのGPUが必要。Intelのグラフィックスは現在OpenCL非対応ですが、CPU ベースの CL ライブラリを所有しており、将来的に Houdiniで動作可能になるかもしれません。
  • GPUに搭載されたVRAMの量により、シミュレーションサイズの限界が決定されます。2~3GB以上が大規模シミュレーションには最適です。
  • H15のGPUアクセラレーションは現在複数のOpenCLデバイス(例:2つ以上のグラフィックカード)を使用できません。ただしこれは将来的に変わる可能性があります。

サードパーティ製品との依存関係

  • スクリプト- Python 2.6.4、Python 2.7.5、XML2 2.8.0
  • ダイナミック ソルバ - Bullet 2.81、ODE 0.10.1
  • データ変換 - FBX 2016.1.2、Collada 1.4.1、Alembic 1.5.8、Open EXR 2.2.0、 OpenVDB 3.0、Field3D 1.3.2
  • コンパイラ- Linux gcc4.8、Windows MSVC 2015, Mac OS X clang6.1
  • その他- TBB 4.3、Boost 1.55.0、NumPy 1.7.1、OpenCL ATI-2.3、ATI-2.5、OpenSubdiv 2.5.1、ZLIB 1.2.7、libTIFF 3.9.2

その他

  • オーディオ用にサウンドカードとスピーカー/ヘッドセット必須
  • ローカルネットワーク用にクラスCネットワーク(TCP/IP)推奨
  • オフラインシミュレーション、バッチ処理、レンダリングにはネットワーク環境が必須
  • www.sidefx.com(Houdiniフォーラム)へ接続可能なインターネットブラウザ必須
  • AVI/QTなどを作成するためのビデオエンコーダー必須

>>最新の動作環境はこちら

SideFX社WebサイトにHoudini の日本語字幕入りチュートリアルムービーが多数掲載されております。
各機能に関して紹介しているムービーですので、ぜひご覧ください。

>>チュートリアルムービー(日本語字幕入り)

商用版ワークステーションライセンス-WS-(ノードロック)
製品名 本体価格 備考
Houdini Core ¥230,000 初年度保守込
Houdini FX ¥517,500 初年度保守込
Houdini Core(年間アップグレードプラン更新) ¥115,000 保守料
Houdini FX(年間アップグレードプラン更新) ¥287,500 保守料
  • 価格は税別です。
  • ワークステーション(WS)とは単一コンピュータ用のノードロックライセンスのことです。
  • 各スタジオでのワークステーション ライセンスの使用は5ライセンスまでに制限されています。
  • 年間アップグレードプラン(AUP)は新規ライセンス購入時は1年間付属しています。保守を更新する場合は、AUPをご購入ください。
商用版ローカル アクセス ライセンス-LAL-(フローティング)
製品名 本体価格 備考
Houdini Core ¥345,000 初年度保守込
Houdini FX ¥805,000 初年度保守込
Houdini Core(年間アップグレードプラン更新) ¥172,000 保守料
Houdini FX(年間アップグレードプラン更新) ¥460,000 保守料
Houdini Core(レンタル年単位) ¥230,000 1年間の価格
Houdini FX(レンタル年単位) ¥575,000 1年間の価格
Houdini Core(レンタル月単位) ¥29,900 1ヶ月の価格
Houdini FX(レンタル月単位) ¥72,450 1ヶ月の価格
  • 価格は税別です。
  • ローカルアクセスライセンス(LAL)はフローティングライセンスです。
  • 日本国内の複数拠点を持つスタジオ(同一組織)向けで、拠点の異なるライセンスの一元管理を行うことができます。
  • 年間アップグレードプラン(AUP)は新規ライセンス購入時は1年間付属しています。保守を更新する場合は、AUPをご購入ください。
  • レンタルは年単位か月単位のどちらかを選択し、ソフトウェア、アップグレードそしてサポートへのアクセスが可能です。
  • レンタルはHoudini、Houdini FXおよびHoudini Engine のフローティングライセンス(LAL)のみ提供されています。
  • レンタル期間終了時には、レンタル費用の30%をライセンス買い上げのクレジットとしてご利用いただけます。
商用版グローバル アクセス ライセンス-GAL-(フローティング)
製品名 本体価格 備考
Houdini Core ¥460,000 初年度保守込
Houdini FX ¥1,035,000 初年度保守込
HoudiniCore(年間アップグレードプラン更新) ¥230,000 保守料
Houdini FX(年間アップグレードプラン更新) ¥575,000 保守料
  • 価格は税別です。
  • グローバルアクセスライセンス(GAL)はフローティングライセンスです。
  • 日本国内外の複数拠点を持つスタジオ向けライセンスです。このライセンス形式により、国内外を問わず拠点から拠点へと自由度高くライセンス移行を行うことができます。またGAL 形式は、クラウド環境でのライセンスの使用を許可しています。
商用版レンタルライセンス-LAL-
製品名 本体価格 備考
Houdini Core(レンタル年単位) ¥230,000 1年間の価格
Houdini FX(レンタル年単位) ¥575,000 1年間の価格
Houdini Core(レンタル月単位) ¥29,900 1ヶ月の価格
Houdini FX(レンタル月単位) ¥72,450 1ヶ月の価格
  • レンタルは年単位か月単位のどちらかを選択し、ソフトウェア、アップグレードそしてサポートへのアクセスが可能です。
  • 価格は税別です。
  • レンタルはHoudini、Houdini FXおよびHoudini Engine のフローティングライセンス(LAL/GAL)のみ提供されています。
  • レンタル期間終了時には、レンタル費用の30%をライセンス買い上げのクレジットとしてご利用いただけます。
商用版アップグレードライセンス
製品名 本体価格 備考
Houdini Core WSから Houdini Core LALへ ¥138,000
-
Houdini Core WSから Houdini FX WSへ ¥310,500
-
Houdini Core WSから Houdini FX LALへ ¥621,000
-
Houdini Core LALから Houdini FX LALへ ¥483,000
-
Houdini FX WSから Houdini FX LALへ ¥310,500
-
  • 価格は税別です。
  • 下位製品へのダウングレードはできません。
Houdini Education-レンタルのみ-
製品名 本体価格 備考
Houdini Education(LAL:レンタル年単位) ¥9,200 1年間
  • 価格は税別です。
  • 教育機関向けレンタルライセンスです(年単位のみ)。
  • 学生が自宅で使用するHoudini Apprenticeのデータを開くことが可能です。
Houdini Engine-レンタルのみ-
製品名 本体価格 備考
Houdini Engine(WS:レンタル年単位) ¥57,500 1年間/ノードロック
Houdini Engine(GAL:レンタル週単位) ¥4,600 7日間/フローティング
Houdini Engine(GAL:レンタル月単位) ¥11,500 1ヶ月/フローティング
Houdini Engine(GAL:レンタル年単位) ¥115,000 1年間/フローティング
  • 価格は税別です。
  • 各スタジオでのWSライセンスの使用は5ライセンスまでに制限されています。
  • 最低オーダー数:週単位は10ライセンス以上、月単位は5ライセンス以上です。年間ライセンスは今まで同様1ライセンスから購入可能です。
製品の購入はこちらから
  • Born Digitalのオンラインショップはこちらから

PAGE TOP

製品情報
書籍
セミナー・トレーニング
キャンペーン
サポート

会社概要 | アクセス | 採用情報 | プライバシーポリシー | お知らせ | サイトマップ