HDR Light Studio [LightMap]

  • ライティング
  • ルックデブ
  • プラグイン

製品概要

3Dアーティストのためのライティングツール

HDR Light Studioは、独自のHDRIマップをデザインしたい3Dアーティストのためのソフトウェアです。HDR Light Studioを使用すれば、迅速かつ正確な方法で、3Dモデルにライティングを可能にします。デザインしたライティングはハイダイナミックレンジの高解像度画像として保存され、最終結果を確認しながら、任意のレンダラーに使用が可能です。

HDR Light Studio に3Dシーンを読み込み、ドラッグ アンド ドロップでプレセットのライトをレンダービュー上に配置します。すると正しい場所にあたらしいライトを配置し、HDRマップとレンダービューが即座にアップデートされます。試行錯誤の繰り返しや、推測でのライトの配置に悩まされる事はなくなります。

HDR Light Studio にはソフトボックスやスポットライトのHDRキャプチャー画像を含む、数百ものライトソースが含まれており、よりクリエイティブなコントロールのために、独自のイメージをインポートし、HDRIマップに3つのプロジェクションオプション(3D、プラナー、球体)を使用して追加が可能です。

HDR Light Studio はさまざまな3Dアプリケーションと連帯して使用ができます。是非、実際に皆様が使用する3Dレンダー上でHDRライティングの進化を体験してみてください。

 

手続き型のライティング

~理想的なスタジオライティング~ 複雑なライティングデザインを可能にする自由度の高いライト合成が可能です。様々な形状や種類のライト(円形、四角形、六角形等)を合成し、プロシージャルなライトを生成できます。ダークライトをを使用して、光を減算したり、グラデーションライトを使用して斜光証明を生成することも可能です。

イメージライトソース

自身の独自の環境マップを読み込んで、ライティングデザインのベースとして使用できます。ハイダイナミックレンジ画像を使用したり、プレセットのライトを使用して、ライト情報を加えることが可能です。、ライト情報を加える際は、3つのプロジェクション(3D、プラナー、球体)を選択できます。照明を形作るのに、GOBOライトにマットを使用することも可能です。

プレセット

HDR Light Studioには50以上のスタジオライト、ソフトボックスやアンブレラ、異種性のライトなど、さまざまな実際の照明のハイダイナミックレンジ画像がプレセットとして用意されています。HDR Light Studioには50以上のスタジオライト、ソフトボックスやアンブレラ、異種性のライトなど、さまざまな実際の照明のハイダイナミックレンジ画像がプレセットとして用意されています。

すべてのライトプレセットはこちらをご覧ください

レンダービュー&ライトペイント

HDR Light Studioにはライティング作業をより効率的に行えるように、最終画像をレンダリングする非常に高速な、レンダリング最適化機能が搭載されています。ライトの配置は単純にライトが反射して欲しい場所を3Dモデル上でクリックするだけで可能です。3Dモデルは、Alembic、FBX、Collada、OBJ、MIフォーマットを使用できます。

写真とのマッチング

写真とCG画像を融合させる場合、写真コンテンツとCG要素との間のライティングを一致させることは、リアルな画像をつくるための重要なキーとなります。 もし撮影したロケーションのHDRIマップがキャプチャされていない場合、照明のセットアップは最初から構築する必要があります。 HDR Light Studioはこのプロセスを容易にし、適切な照明環境の迅速な作成を可能にします。

ブレンドモード

全てのキャンバスもしくは一部のキャンバスのみにブレンドモードを使用して色調調整が可能になりました。ブレンドモードは加算(覆い焼き)乗算、減算、クランプ、カラー、彩度、色相をサポートしています。

コンポジット

コンポジットは、HDR Light Studioのすべてのユーザーにとって有益な主要な新機能です。

HDR Light Studioの以前のバージョンは単一のライトリストを使用していました。リスト内のライトはそれぞれのブレンドモードを使用して一つに合成され、最終的な結果がHDRキャンバスで見る事ができました。Tungstenリリースの新しい 「コンポジットコンテンツ」は この機能を拡張しました。ライトは、それぞれにライトリストとキャンバスを持つネストされたHDR Light Studioライトセットから視覚的な外観を得ることが可能になりました。これらのライトの合成結果は、ペアレントライトで使用されているテクスチャです。

コンポジットを使用すると、次のことができます。

  • グループライト
  • ライトのグループ(明るさ、位置、色など)を制御する
  • 1つのHDR Light Studioプロジェクトに複数の照明デザインを保存する
  • 個々の照明を分離して編集する
  • ライトにマスクの適応
  • HDRIマップの領域の複製と移動
  • 複数のHDRIマップの異なる領域を組み合わせる
  • 既存のHDRIマップのライト領域を詳細に分析して管理する

従来のHDR Light Studioには、すべてのライトがその下にあるすべてのもに影響を与える単一のライトリストを使用していました。たとえば、周囲に光を漏らさずに、別のライトを使用してライトの端を明るくすることはできません。コンポジットを使用することで、単一のライトを分離して他のライトを使用して編集し、明るさを増したりマスク/カットすることが可能になります。これにより、HDR Light Studioでより多くの事が可能になりました。

「新しいコンポジット機能は、HDRライトスタジオに新たな可能性をもたらします。他に何も触れずに太陽を少し上げたいですか?簡単です!複数のHDRIをつなぎ合わせたいですか?簡単です!作業のためにライトをグループ化したいですか?可能になりました!個々のライトを重ねたり、覆い隠したり、変更したりできることは、ライティング設定に対してのクリエイティブかつ技術的な制御の両方にとって大きな後押しであり、私のパイプラインですでに礎石となっているものにとって非常に歓迎される機能です。」
ブレンダン・マカフリー(www.bmcaff.com)

「Tungstenの新しいコンポジット機能は、ゲームチェンジャーです。オブジェクトを強調するライトシェイプを作成し、それをコンポジットにし、そしてHDRIマップにドロップしてそのスイートスポットを明らかにする – 私にとってそれは90%以上速いワークフローです。」
AndréMatos、3DアーティストPORSCHE AG bei Copyright Communications GmbH

このビデオを見ているHDR Light Studioでコンポジットを使用する方法を学ぶことができます。≫コンポジットの紹介

また、コンポジットを使用して以下の照明タスクに取り組む方法を示す一連のビデオデモも作成しました。

単一のライトを強調する

このデモでは、車を照らしているオーバーヘッドのソフトボックスにホットスポットを追加します。これは、車体の反射をよりダイナミックで面白い外観にするためです。ホットスポットがソフトボックスだけを明るくし、HDRIマップの他の領域にこぼれないように、コンポジットを使用します。
ここでデモビデオを見る:≫ 単一のライトを強調する

HDRIマップとスタジオライティングのブレンド

このデモでは、典型的なスタジオスタイルのライティングをショットに行います。次に、コンポジットを使用して、そのライティングをHDRIマスクとしてロードされたHDRIマップに使用します。これによりスタジオライティングをコントロールし、HDRIマップから来るキャラクターと反射を取り入れることを可能にします。
ここでデモビデオを見る:≫HDRIマップとスタジオ照明のブレンド

窓を通したHDRIマップ

このデモでは、Window Goboライトを使用して静物ショットをライティングします。次に、Compositesを使用してそれらの窓をマスクとして使用し、屋外のHDRIマップを完成させます。これにより、反射を完璧に配置できる窓からのライトが提供され、屋外のHDRIマップの特長が反射に表示され、光も着色されます。屋外のHDRIマップを回転または変更して、ライティング効果を変えることができます。
ここでデモビデオを見る: ≫窓を通したHDRIマップ

異なるHDRIマップの領域の合成

このデモでは、2つの異なるHDRIマップの領域をマスキング用のソフトライトを使用して合成し、単一のライトをデザインします。このようにHDRIマップを組み合わせることで、新しいクリエイティブなライティングの可能性が生まれます。
ここでデモビデオを見る: ≫異なるHDRIマップの領域の合成

HDRIマップの領域を移動する

このデモでは、車の側面を照らすために屋外のHDRIマップをお見込みます。コンポジットを使用してHDRIマップの領域を定義してから、この領域を移動して車がより見栄えのする反射を作り出します。
ここでデモビデオを見る: ≫HDRIマップの領域を移動する

既存のHDRIマップのライトを制御する

このデモでは、Windowsとライトのセレクションを含むインテリアのHDRIマップを読込みます。HDRIマップのアンビエントライト効果を分離し、個別に制御可能な光源を作成するためにコンポジットを使用します。HDRIマップの結果は同一ですが、各光源の明るさを個別に調整することができます。HDRIマップの照明効果をよりクリエイティブにコントロールする事がかのうになります。たとえば、不要なライトを削除したり、ライトの明るさを上げたり、ライトのバランスを調整が可能です。
ここでデモビデオを見る: ≫既存のHDRIマップで照明を制御する

HDR Light Studio製品パッケージの変更 – Indie版、Pro版、Automotive

Lightmapは、新しいTungstenリリースに伴い、HDR Light Studioの販売方法を変更しました。新しい製品群は、HDR Light StudioとConnectionsのコレクション、サポートを一つの製品にまとめバンドル化しました。多くのお客様にとって、これらの新しいライセンスモデルはより低価格で、より高い価値を提供するものとなります。Connectionが付属する事で、従来のようにConnectionを追加で購入する必要はなく、お客様はHDR Light Studioをさまざまな3Dソフトウェアで使用できることが可能になりました。

Indie版、Pro版、Automotive版にはHDR Light Studioと以下のConnectionが含まれます:3ds Max、Maya、Cinema 4D、MODO、LightWave3D、Houdini、Maxwell Studio、Rhino 3D、Octane Standalone、SOLIDWORKS Visualize。Automotive版にはさらにVRED、DeltaGenおよびPatchwork 3D Connectionsが含まれます。

Lightmap社がHDR Light Studioを低価格のIndie版ライセンスで提供するのは今回が初めてです。新しいIndie版ユーザーがこのソフトウェアを使って作成する作品を楽しみにしています。Indie版ソフトウェアは全ての機能を提供しており、機能制限はありません。

既存のHDR Light StudioおよびConnectionのライセンスは、HDR Light Studio Tungstenと互換性があります。サブスクリプションまたは永久ライセンスを有効なメンテナンス契約と共にお持ちの場合 – 今すぐソフトウェアをダウンロードしてアップデートができます。お持ちのライセンスを使って最新のソフトウェアを使用いただく事が可能です。既存の永久ライセンスは、今後も通常通り維持が可能です。既存の顧客はここでもっと読むことができます。

Connectionのサポートするバージョンの追加

  • 3ds Max 2020
  • Maya 2019
  • MODO 13
  • Houdini 17.5
  • LightWave 3D 19
  • DeltaGen 2019(およびx-build)

パッケージ内容:

各パッケージにはHDR Light Studio本体とサードパーティ製アプリケーションへの下記Connection(プラグイン)が含まれます。

HDR Light Studio Indie版

3ds Max, Maya, Cinema 4D, MODO, LightWave3D, Houdini, Maxwell Studio, Rhino 3D, Octane Standalone, SOLIDWORKS Visualize

年間売上高USD 100K(約1,000万円)未満のユーザーが対象となります。 上記規定を超える収益がある場合、Indieライセンス使用することは規約違反となります。


HDR Light Studio Pro版

3ds Max, Maya, Cinema 4D, MODO, LightWave3D, Houdini, Maxwell Studio, Rhino 3D, Octane Standalone, SOLIDWORKS Visualize


HDR Light Studio Automotive版

3ds Max、Maya、Cinema 4D、 MODO、LightWave3D、 Houdini、Maxwell Studio、Rhino 3D、Octane Standalone、SOLIDWORKS Visualize、VRED、DeltaGen、Patchwork 3D

最新の動作環境はメーカーウェブページをご確認ください。

Version: Tungsten (Drop 1)
Build Date: 2019.0426

Requirements:
Windows: 7, 8, 8.1, 10
Mac OS: 10.7 or later
Linux:
Certified against: Scientific Linux 7.2
Compatible with: 
Centos 7, Fedora 19+ (not 27 though), Ubuntu 13.10+, Mint 16+, Debian 8+, OpenSUSE 13.2+

Connection Requirements:

  • 3ds Max – 2017, 2018, 2019, 2020
  • Cinema 4D – 18,19, 20
  • Maya – 2016.5, 2017, 2018, 2019
  • MODO – 10,11,12,13 (Windows and MacOS)
  • Houdini – 16.5, 17, 17.5
  • LightWave 3D – 2015, 2018, 2019
  • Rhino – 5,6 (Windows only, 6 is Beta)
  • Octane Standalone – 3.08.1+, 4 (Windows only)
  • VRED – 2017, 2018, 2019 (Windows only)
  • Maxwell Studio – 3.2 and 4 (Windows only)
  • SOLIDWORKS Visualize – 2017, 2018, 2019
  • Patchwork 3D – Up to 2019
  • DELTAGEN – DELTAGEN 2019x (DELTAGEN STAGE 2019x)
    DELTAGEN 2018x (DELTAGEN STAGE 2018x), 2018, 2017, 13.1

HDR Light Studio Subscription(年間ライセンス)

製品名 参考標準価格 備考
HDR Light Studio Indie ノードロック(シングルユーザー)
1年間ライセンス
\17,100 年間売上高USD 100K(約1,000万円)未満のユーザー
HDR Light Studio PRO ノードロック(シングルユーザー)
1年間ライセンス
\53,100
HDR Light Studio PRO フローティング(マルチユーザー)
1年間ライセンス
\117,000
HDR Light Studio Automotive ノードロック(シングルユーザー)
1年間ライセンス
\179,100
HDR Light Studio Automotive フローティング(マルチユーザー)
1年間ライセンス
\269,100

※価格はすべて税抜き表示です。
お見積り等のお問い合わせはsales@borndigital.co.jpまでお気軽にご連絡ください。

その他注意事項:
※ノードロックライセンスの他のPCへのライセンス移設は年1回まで可能です。
上記規定回数を超える場合は、以降は申請が必要です。
※ノードロックライセンスはメインPCの他に、ノートPC等、サブPCへインストールが可能です。